FC2ブログ

アメリカン・ポップ・アート展(パブリックアート) その3

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/10/15(火)
「『アメリカン・ポップ・アート展』に行った」と書きました。

siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

その中で、「ロイ リキテンスタイン」の作品が数点ありました。
この方は、多くの「パブリックアート」を制作しているそうです。

パブリックアートとは、「パブリック」つまり公共の場所にある
芸術作品のこと。

広い意味では「記念碑」「モニュメント」「銅像」などもその範疇に入るそうです。

「ロイ リキテンスタイン」が制作したパブリックアートが、
新宿アイランドタワーにあります。

《TOKYO BRUSHSTROKE Ⅰ》と《TOKYO BRUSHSTROKE Ⅱ》の2つ。

TOKYO BRUSHSTROKE Ⅰ ロイリキテンスタイン

コチラが《TOKYO BRUSHSTROKE Ⅰ》↑↓

TOKYO BRUSHSTROKE Ⅰ 新宿アイランドタワー

違う角度から。

このように立体的な作品は、どこから撮ればよいのか?
分かりにくいです。

《TOKYO BRUSHSTROKE Ⅱ》はコチラ。
TOKYO BRUSHSTROKE Ⅱ ロイリキテンスタイン

《Ⅰ》《Ⅱ》ともに青梅街道に面した場所にあります。

TOKYO BRUSHSTROKE Ⅱ 新宿アイランドタワー

両方とも、かなり大きく目立つので、すぐ分かると思います。

【参考】

「アメリカン・ポップ・アート展」には出品されていませんでしたが、
ポップアート芸術家の一人「ロバート インディアナ」

この方の作品も、新宿アイランドタワーにあります。
ロバートインディアナ LOVE 新宿アイランドタワー
《LOVE》ですね。
よく「LOVEオブジェ」と聞きます。

数多くのテレビドラマに登場するので、ご覧になったことがある方も
多いのではないでしょうか。
また、世界中にあるようです。

この「V」と「E」の間を恋人同士で通ると……
古い話なので、今、している方はいませんかね。

新宿アイランドタワー周辺には、この他にも、パブリックアートが
ありますので、探してみてはいかがでしょうか。

街中にこうした芸術作品(オブジェやアートなど)があると、
一服の清涼剤となって、いいですね。
(待ち合わせにも便利?)

府中市にも、パブリックアート(オブジェ)はいくつかあります。
そのうちブログで紹介したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド