FC2ブログ

旧横浜船渠第1号ドック(重要文化財)

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/08/26(月)
国指定の重要文化財
「ドックヤードガーデン(旧横浜船渠第2号ドック)」
について書きました↓。
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

そして現在、日本丸が係留されている「日本丸メモリアルパーク」の
「旧横浜船渠第1号ドック」も重要文化財です。
日本丸メモリアルパーク

旧横浜船渠第1号ドック(扉船)と日本丸
「NO.1 DOCK」と書いてあるのが「扉船」といって、
船が入った後、ここを閉じて中の水を排水するようです。

コチラは1898(明治31)年の竣工。
旧横浜船渠第1号ドック説明碑

 ・1号ドック竣工 1898(明治31)年
 ・2号ドック竣工 1896(明治29)年(ドックヤードガーデン)

「1号ドック」の方が竣工は遅いのですね。

1918(大正7)年にドックを内陸方向に延長したそうです。

その後、1985(昭和60)年から
帆船日本丸を係留するドックとして保存活用されているとのこと。

国の重要文化財の指定は、2000(平成12)年。
2007(平成19)年には、経済産業省の近代化産業遺産に認定。
旧横浜船渠第1号ドック(説明)と日本丸

ここは建設当時、最大規模のドックだったようで、大正時代の延長工事も含め、
明治・大正時代のドック建築の技術水準を知る上で価値が高いようです。

ここも、港町・横浜らしい歴史的価値がある場所だと思います。

現在、重要文化財のドック内で、日本丸がどのように係留されているかというと、
日本丸係留方法 その1

日本丸係留方法 その2

日本丸係留方法 その3

日本丸の写真は、また後日、アップしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド