FC2ブログ

夏の本

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/08/12(月)
遅ればせながら、毎年恒例、夏の文庫本フェアの小冊子をもらってきました。
夏の文庫本フェア小冊子2013

各社、それぞれ趣向を凝らしているので、
この小冊子を読むのも楽しみにしています。

毎年、これらの中から選んで一冊は読んでいるのですが、
今年は何を読もうかな?

おススメの本があれば紹介していただきたいと思います。

今年も新潮文庫では、当ブログでも書いた『燃えよ剣』が選ばれています。
感想文ではありませんが、よろしければお読みください↓。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

その『燃えよ剣』で「ワタシの一行」に選ばれている
新撰組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ。
という土方歳三のセリフは、
ドラマ『パパとムスメの七日間』にも出てくるそうです。

角川文庫で選ばれている米原万里氏は「エッセイの名手」といわれているようです。
エッセイがお好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。

集英社文庫はAKB48のメンバーが、
それぞれ課題図書があり、読書感想文を発表するようです。

一冊読んでみて、ご自身の感想と比べてみるのもよいと思います。

そういえば学生時代は、今頃から夏休みの宿題をあせり始めていました。
中でも読書感想文は「読まされている感」があって、とてもイヤでしたね。

それでも提出しましたが。

これから読み始めるなら「短編集」がおススメです。

いくつかの作品を読んだことにもなり、
ひとつひとつが、それほど長くないので早く読み終わります。

感想文も、それぞれ2~3行を書くだけでも、それなりの量になります。

また、その中で「どの作品が一番良くて、どこが好きか」を
書けばそれなりの形になると思います。

(比較して書けるということかな?)

学校の宿題はこうして書いていました。
読書コンクールに出すほどのものは書いたことはないので分かりません。

 ●芥川龍之介
 ●太宰治
 ●オーヘンリー(O・ヘンリ)
 ●ヘミングウェイ

このあたりから選ぶのが無難だと思います。

この他、おススメ短編集は多くあると思いますので、
ご紹介いただければと思います。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド