FC2ブログ

貴婦人と一角獣展 その2

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/07/02(火)
前回↓の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

展示室に入ると最初の方にタピスリーが展示してあります。

広い円形の部屋を取り囲むように展示してありますので、
部屋の真ん中から全体を眺めたり、近づいて一つ一つも観れました。

また、タピスリーを高精細のデジタル画像(チラシによると約204億画素!)
で映していました。

細かい部分まで拡大したり、パーツごとに抜き出して
観れたりして分かりやすかったです。

その抜き出されたパーツ、千花模様の花や
描かれている小動物の説明もされていました。

小動物で一番多く描かれている「ウサギ」
これは、多産の象徴だそうです。

(雑誌『プレイボーイ』のロゴと同じような意味でしょうか?)

タピスリー以外の展示は36点。

「我が唯一の望み」に描かれている「小箱」と同じような物や
当時の装飾品などが展示してあり、鑑賞した後にタピスリー戻れるので
理解が深まりました。

出品数は多くない(全42点)ながらも、十分満足できました。

入り口は2階です。
貴婦人と一角獣展チラシ看板

忘れちゃいけない、この「貴婦人と一角獣」のタピスリー、
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』に出てきます。

もちろん、「ガンダムは好き!」

とはいえ、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は
少し前にyoutubeで第一話が無料放映していたのを見ただけなので、
詳しくはありません。

最初の方にタピスリーが出てきて、
ストーリー全体に関わる重要なモチーフのようです。

このチラシを見たとき「コレどっかで見たことあるな?」と思い、
調べてみてガンダムに出てくるなら、ぜひ観たいと思った次第でした。

展示にはガンダムの「ガ」の字も出てきませんが、
図録ではガンダムUCについて触れられています。

それに音声ガイドは、池田昌子さんと池田秀一さんで、
ガンダムファンを意識したキャストとなっています。

作品保護のためだと思いますが、会場内は寒いので一枚多めに。

それと照明が赤すぎるように思いました。
(白いユニコーンが赤っぽく見えた)

 ・タピスリー好きな方
 ・中世ヨーロッパ美術好きな方
 ・ユニコーン好きな方
 ・ガンダム好きな方

この機会にぜひどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド