FC2ブログ

風疹流行中

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/06/02(日)
風疹予防ポスター

駅に貼ってあったポスター。
そんなに流行ってるのかな? と思って調べてみました。

(以下は、国立感染症研究所とNHKのWEBサイトなどを参照)

http://www3.nhk.or.jp/news/stopfushin/
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/430-rubella-intro.html

今年の風疹患者数は、5月19日までに7,540人。

ちなみに過去のデータ。

 2010年 87人
 2011年 378人
 2012年 2,392人(暫定数)

去年1年間の3倍を超えましたが、ピークはこれから
だとみられているようです。

流行の特徴として、患者は

 ・9割が成人
 ・男性が女性の約3.5倍
 ・男性は20~40代に多い
 ・女性は20代に多い

これは
風疹ワクチンの予防接種を受けていなくて、抗体がない方が多いから
だそうです。

当てはまる方はご注意ください。

風疹の主な症状は
感染から14〜21日(平均16〜18 日)の潜伏期間の後

 ・発熱
 ・発疹
 ・リンパ節腫脹(ことに耳介後部、後頭部、頚部)

であるが、

高熱が持続したり

 ・血小板減少性紫斑病(1/3,000〜5,000人)
 ・急性脳炎(1/4,000〜6,000人)

などの合併症により、入院が必要になることがある。

成人では、手指のこわばりや痛みを訴えることも多く、
関節炎を伴うこともある(5〜30%)が、そのほとんどは一過性である。

最大の問題は、
妊娠20週頃までの女性が風疹ウイルスに感染すると、おなかの赤ちゃんが目や耳、
心臓に障害が出る「先天性風疹症候群」で生まれる可能性がある事です。


予防法はワクチンの接種がすすめられていますので、
妊婦さんが近くにいる方は、受けたほうが良いと思います。

自治体によっては補助が出ます。
府中市でもありますね(条件付ですが)。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/kurasu/shussan/boshinokenko/huusinn/index.html

予防接種は必ず、医師と相談の上で受けてください。

現在妊娠の可能性がある、または妊娠中の女性は接種できません。
また、ワクチン接種から2か月間は避妊が必要です。

生まれてくる赤ちゃんを守りましょう!

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド