FC2ブログ

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち その2

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/11/07(月)
前回の続き。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち 2016 六本木

展示構成

 Ⅰ.ルネサンスの黎明――15世紀の画家たち
 Ⅱ.黄金時代の幕開け――ティツィアーノとその周辺
 Ⅲ.三人の巨匠たち――ティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノ
 Ⅳ.ヴェネツィアの肖像画
 Ⅴ.ルネサンスの終焉

●ルネサンスの黎明

解説によると、ヴェネツィアのルネサンスは
フィレンツェよりやや遅れて1440年頃からとのこと。
この頃は、ベッリーニ一族とヴィヴァリーニ一族の
二大工房があったそうです。

一番古い絵は、ラッザロ・バスティアニーニ
『聖ヒエロニムスの葬儀』1470-80年。

この章に展示してある絵画の背景は青色。

●黄金時代の幕開け

ヴェネツィア・ルネサンスの黄金時代は、
ティツィアーノとジョルジョーネが導いたとのこと。

ティツィアーノのほうは、展覧会の
看板作品でみます。

今回一番の見どころは、ティツィアーノの
『受胎告知』サン・ サルヴァドール聖堂
ではないでしょうか。
旅行ガイドに、「ヴェネツィアへ行ったらぜひ!」と
紹介されている絵画のようです。
大きさは約4メートル、
ティツィアーノ晩年の傑作とのこと。

間近でよくみてから、少し離れて
双眼鏡でじっくり鑑賞しました。

ボニファーチョ・ヴェロネーゼ『嬰児虐殺』。

話は逸れます。

「嬰児虐殺」と言葉だけ聞くと、
ひどい絵だと考えるのではないでしょうか。

しかし聖書を題材にした絵画として
ときどき見かけます。

池上彰著『世界を変えた10冊の本』に
こう書いてありました。
欧米文化の基礎を理解するために、
聖書の基礎を知っておきましょう
」と。

この本でもダヴィンチの『受胎告知』に
触れられています。
このほかアダムとイブなど以外にも
知っていたほうが、絵画鑑賞の幅が
広がると思います。

閑話休題

カルロ・クリヴェッリ『聖セバスティアヌス』、
矢が刺さっています。
ハンニバル・レクターを連想。

フランチェスコ・モローネ『聖母子』、
16世紀初頭のヴェローナ派を
代表する画家とのこと。

背景は赤色でした。

●三人の巨匠たち――
ティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノ

ティントレットは、劇的な明暗表現で、
宗教画の大作を次々と描いていったそうです。

ヴェロネーゼは、華麗な色彩と
古典的な様式で高く評価されたとのこと。

熾烈なライバル関係をくり広げたそうです。

ヤコボ・ティントレット(本名ヤコボ・ロブスティ)
『アベルを殺害するカイン』、
ヤコボ・バッサーノ(本名ヤコボ・ダル・ポンテ)の工房
『ノアの箱舟に入っていく動物たち』。

前者はジョン・スタインベックの小説で
ジェームス・ディーン主演映画『エデンの東』との関連。
後者ノアの箱舟の話は有名ではないでしょうか。

これらも旧約聖書・創世記に出てきます。
やはり聖書を知っておく必要があると思いました。

作品の背景色は緑色。

●ヴェネツィアの肖像画

マルコ・バザイーティの得意とする分野で、
自然主義的な描写に長けたそうです。

写真のない時代、顔は本当にそうだったか
わかりませんが、当時の服装もわかって
興味深かったです。

作品の背景色はグレーでした。

●ルネサンスの終焉――巨匠たちの後継者

ルネサンスからバロックへの
過渡期にあたるそうです。

カラヴァッジョなどに続いていくのだと思いました。
宗教画のほか神話画も多かったです。

作品の背景色は朱色でした。

出品数はリストに57点。
Ⅳの最後が57番、Ⅴの最後が45番。
番号は入れ替わっています。
ウェブサイトの作品紹介も
5章が肖像画になっていました。

【参考】
レオナルド・ダ・ヴィンチ受胎告知
レオナルド・ダ・ヴィンチ作の受胎告知。
ウフィツィ美術館所蔵。

【参考 その2】
大原美術館 受胎告知
エル・グレコ作の受胎告知。
大原美術館所蔵。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド