FC2ブログ

「スマホ巻き肩」に注意

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/10/19(水)
9月22日(木)産経新聞より

スマートフォンの普及と長時間の使用に伴い、
ひどい肩凝りや目の疲労などを感じる人が
増えている。小さな画面をのぞき込むようにして
操作するため、猫背や肩が前に出た姿勢が
定着してしまう「スマホ巻き肩」は、
呼吸を浅くし、あらゆる体の不調の原因にもなるという。

呼吸浅く疲労や不調の原因に


●悪い姿勢が定着

スマホを使うときの姿勢では、
上半身の前側の筋肉が縮んだまま。
一方、背中の筋肉は伸びた状態が続く。
すると肩が前に出て、体の内側に向いた
状態が定着する「巻き肩」になる可能性がある。

●ストレッチで緩和

肩回しは両手を肩に置いた状態で、
肩を前後にそれぞれ10回回す。

ひじを耳の高さにまで上げることを
意識し、顔を上げて行うと良い。
背中式呼吸は、椅子に深く座り、
頭の後ろに両手を置いて大きく
3回深呼吸する。
頭の重みを利用して胸を開く
イメージで行うのがコツだという。

●「軽い酸欠状態」

総務省の平成27年通信利用動向調査によると、
同年末時点でのスマホの普及率(世帯)は72%で、
22年末の9.7%から急速に伸びた。

ピップが今年1月に20~50代の働く男女300人を
対象に行った調査では、スマホの利用で肩や首の凝り、
目の疲れなどの体調不良を感じている人が9割。
また4割が「使用中に息苦しいと感じたことがある」と
回答している。

浅い呼吸では酸素を十分に取り込めないため、
血流の悪化を招く。結果としてだるさや疲労感、
集中力の低下のほか、便秘になりやすくなったり、
代謝が落ちて太りやすくなったりすることもある。

以上、抜粋です。

前に「スマホ老眼」について書きました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
また、ストレートネックを「スマホネック」と
表すこともあります。

決してスマートフォン(スマホ)が悪い
わけではありません。
新しい症状なので、表現する言葉がないのですね。
これから変わると思います。

新聞には、「スマホ巻き肩」チェックシートも
でていたので、書いておきます。

 □体が丸まっているようにかんじる
 □医療機関で「異常なし」と言われたが、
  のどが詰まる感じや、首の前側または胸が凝る感じがする
 □呼吸が浅い、または息を吸いにくいと感じる
 □かかと、お尻、後頭部を壁につけて立つと違和感がある
 □鏡に横向きの姿を映すと、胸よりも肩甲骨がよく見える
 □首に横じわがある
 □最近、下着の肩ひもの長さを調整した。
  または数年前に比べ長くした。
 □バストの下垂が顕著
 □「万歳」のポーズをして両腕を上げても、腕が耳につかない
 □リラックスした状態で両腕を下げて立つと、ひじが曲がっている

※1つでも当てはまるものがあれば「スマホ巻き肩」の可能性あり


スマホは便利ですが、使いすぎには注意しましょう。

当院でも医療機関で「スマホの使いすぎだね」と
言われてから来られた方は多いです。
カイロプラクティックを受け、
「頭がスッキリした」などの感想をいただきます。

心当たりがある方は
カイロプラクティックを受けてみてください。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド