FC2ブログ

健康づくり 中小後押し 都が新事業

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/07/11(月)
7月8日(金)日経新聞朝刊より

東京都は中小企業に
保健師や栄養士を訪問させて、
従業員の生活習慣を見直してもらう
制度を8月から開始する。
大企業に比べて取り組みが遅れがちな
社員の健康管理を手助けするのが狙い。
業種に合わせた食事や運動など
健康づくりのメニューを提案する。
2年かけて20社程度を訪問、
取り組みの成果や課題をモデルとして
都内の中小に示し、健康づくりにつなげる。

都が新たに制度をつくった
「職域健康づくり推進事業」で、
都内に本社か事業所のある
従業員300人以下の中小企業が対象。


*******

「大企業に比べて取り組みが遅れがちな」
とあります。
ずいぶん前に親戚二人が
病気やケガをしたときのこと。
会社の対応や福利厚生は、
大企業と中小企業では
ずいぶん違っていました。

中小企業は大企業に比べ、
病気で休む人が出ると、
業務に大きく支障が出るのでは
ないでしょうか。

「ワーク ライフ バランス(仕事と生活の調和)」や
「QOL(クオリティ オブ ライフ)」は、
一般的な言葉になっていると思います。

(「言うほど簡単じゃない」と
思われるかもしれませんが……)

都が中小企業の健康管理の手助けを
すると、ひいては都に
還ってくるような気がします。

全体の健康度があがるといいと思いました。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド