FC2ブログ

熱中症を予防して元気に夏を迎えましょう

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/07/04(月)
広報 ふちゅう 6月21日号より

熱中症を予防して
元気に夏を迎えましょう


熱中症の発症は7・8月がピークですが、
湿度が高い梅雨時期も注意が必要です。
気温が28度を超えると熱中症で
救急搬送される方が増えてきます。
特に高齢者と子どもは注意が必要ですので、
正しい予防法を身に付けて
健康に夏を迎えましょう。
問合せは、
保健センター成人保健係(368・6511)へ。

(注:市外局番は042)

■熱中症の予防のポイント

熱中症の予防には、水分補給と
暑さを避けることが大切です。

○部屋の温度をこまめにチェック
しましょう

○室温が28度を超えないように、
エアコンや扇風機を上手に
使いましょう

○喉が渇く前に水分補給をしましょう

○外出の際は、涼しい服装で、
日よけ対策もしましょう

○無理をせず、適度に
休憩をとりましょう

○日頃から栄養バランスの
良い食事と体力づくりをしましょう

■熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、
筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、おう吐、
けん怠感、虚脱感ほか

■熱中症になってしまったら

○風通しの良い日陰や
冷房の効いた所に移動しましょう

○衣服を緩めて、体を楽にしましょう

○冷たい水で冷やしたタオル、
冷たい水を入れた容器などを、
脇の下や足の付け根に当て、
体を冷やしましょう

○水分補給をしましょう。
ただし、意識障害やけいれんなどが
あり自力で飲めない場合は無理を
せず、早急に医療機関を受診しましょう

*******

毎年この時期になると(5月くらいから)、
新聞各紙にも、熱中症予防の
記事が出始めますね。

書いてあることはほぼ同じで、
分けると「予防」「症状」「対処」
ではないでしょうか。

熱中症になったら、
「脇の下や足の付け根を冷やす」というのは、
太い血管があるため冷やす効果が高いため。

また、毎年のように「搬送者急増」や
「患者人数更新」とニュースになる気がします。
熱中症は屋内でもなる可能性があり、
亡くなる方もいる症状。

「自分は大丈夫」と思わずに、
注意するに越したことはないですね。

広報 ふちゅうは、インターネットでも見ら
れるのでご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド