FC2ブログ

笑わない人(高齢者)は……

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/04/04(月)
3月15日読売新聞夕刊より。

日常生活でほとんど笑わない高齢者は、
ほぼ毎日笑う高齢者に比べ、
脳卒中の経験がある割合が1.6倍、
心臓病の割合が1.2倍高いとの
調査を東京大などの研究チームが発表した。

特に笑わない高齢女性の危険が大きかった。


約2万人を対象とした調査とのこと。

その結果、高血圧などの影響を除いても

●ほとんど笑わない女性は毎日笑う女性に比べ

 ▽過去に脳卒中、闘病中の人の割合が1.95倍
 ▽心臓病になっている人が1.41倍

●男性では

 ▽脳卒中が1.47倍
 ▽心臓病が1.11倍

調査にあたった東京大の近藤尚己准教授
(保健社会行動学)は「笑いは動脈硬化や
ストレスを軽減するため、よく笑う人ほど
脳卒中や心疾患になりにくい可能性がある。

女性は普段からよく笑っている人が多く、
笑わない人との差が出たのだろう」と話す。

**********

記事にもあるように、「笑い」が心身の
健康によいことは、知られています。

2月4日の日経新聞にも、
笑わないお年寄り「健康状態良くない」1.5倍
とありました。

●ほとんど笑わない人で、現在の健康状態について
「あまり良くない」「良くない」と答えた人の割合は、
ほぼ毎日笑う人に比べて

 ▽男性が1.54倍
 ▽女性が1.78倍

高かったそうです。

ちなみに、両方とも同じ先生の研究でした。

また、2月7日の朝日新聞GLOBEは、
「笑いの力」という特集。

高齢者の方は、健康のために「笑い」を
心がけるといいですね。

もちろん若い人も。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド