FC2ブログ

始皇帝と大兵馬俑(兵馬俑展)

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/12/14(月)
上野の東京国立博物館で「始皇帝と大兵馬俑」
(以下、兵馬俑展)をみました。
兵馬俑展 国立博物館 とーはく
今回も会場は国立博物館なので常設展を鑑賞してから。

11月18日の朝日新聞には、国立博物館の
平成館・考古展示室が16年ぶりにリニューアルされ
見やすくなった、とありました。

最近、『刀剣乱舞』というゲームが人気だそうで、
日本刀を目当てに女性が多く来館するそうです。

日本刀のコーナーは女性が多かったように思いました。

東京国立博物館(略称:「とーはく」)には、
「天下五剣」のうち2口が所蔵されています。
「三日月宗近」「童子切安綱」で両方とも国宝。

このほかにも、名だたる名刀が数多くあり、
入れ替わり展示されますので飽きません。

ちなみに、東京ではここのほか、
初台に刀剣博物館というのもあります。

なお、芸術新潮 9月号にも日本刀は特集されていました。
興味のある方はぜひどうぞ。


岸田劉生 麗子微笑 国立博物館 重要文化財
日本刀のことを書いておいて何ですが、
重要文化財の岸田劉生《麗子微笑》。
岸田劉生の墓所は府中市の多磨霊園にあります。

さて、兵馬俑展。
今回は朝日新聞社などが主催。
なので朝日新聞に記事があり、11月19日夕刊
から出品作品の解説がありました。

10月26日には、「名君か暴君か」という解説。
これによると研究が進み、名は「政」ではなく
「正」とありました。

司馬遼太郎の小説『項羽と劉邦』の冒頭には
「政」で書かれています。

宮城谷昌光氏の小説『劉邦』も始皇帝が出てきます。

映画『ハムナプトラ3』に兵馬俑は出てきました。
また、十数年前、NHKのドラマ『アラビアン・ナイト』、
この中の話にある『アラジンと魔法のランプ』の舞台が
中国で、ここにも出ていました。

兵馬俑の展覧会は、たしか小学校のときに
友人と池袋でみた気がします。
また、鑑賞して興奮した人が抱きついて
壊してしまった話が記憶に……

詳しい方、いつ日本で公開されたことがあるのか、
壊れた話はあったのか教えてください。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド