FC2ブログ

クレオパトラとエジプトの王妃展

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/08/14(金)
上野の国立博物館にて
「クレオパトラとエジプトの王妃展」を鑑賞しました。
クレオパトラとエジプトの王妃展 平成館

毎年、夏になると「古代エジプト展」のような
展覧会が開催されているように思います。
あと、「恐竜博」とかも。

去年も古代エジプト展 女王と女神
というのがありました。

紀元前の古代文明の品々を多くみれるので、
古代エジプト展は大好き。
というわけで今回もとてもよかったです。

それに国立博物館での開催なので、日本の
国宝や重要文化財なども一緒に鑑賞できて
満足度UP!
老猿 高村光雲 国立博物館 重要文化財
↑教科書などでみたことがあるかも知れません。
高村光雲作の《老猿》、重要文化財。

さて、クレオパトラとエジプトの王妃展。

展覧会の見どころをチラシより

 1、世界中からエジプトの名品約200件が集結
 2、古代エジプト最後の女王クレオパトラ
 3、主役は王妃と女王。
   ファラオを支え、国を支えた女性たち

出品目録(リスト)には、181まで番号があります。

展示構成

●第1章 王(ファラオ)をとりまく女性たち

  ▽王の母
  ▽偉大なる王の妻
  ▽王の娘たち

●第2章 華やかな王宮の日々

  ▽王の仕事を支えた人々
  ▽王宮の日常生活
  ▽ハーレムの暮らし

●第3章 美しき王妃と女神

●第4章 権力を持った王妃たち

  ▽イアフヘテブ
  ▽ハトシェプスト
  ▽ティイ
  ▽ネフェルトイティ

●第5章 最後の女王クレオパトラ

なお、国立博物館の東洋館にも
古代エジプトの展示があるので、
コチラも見学するといいと思います。
クレオパトラとエジプトの王妃展 東洋館

新聞には(知っている限りで)、
毎日新聞7月27日に腕輪が掲載。
蛇をモチーフにした腕輪をよくみます。
柔軟な形が自由な造形に合い、宝飾品の
格好のモチーフになった、というようなことが
書いてありました。
また、蛇は権力や生命力の象徴だそうです。

それに8月に入ってから、朝日新聞の夕刊に
ひとつずつの写真と解説が掲載されていました。

【参考】 ミケランジェロ展でのクレオパトラ
ミケランジェロ展 クレオパトラ

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド