FC2ブログ

仙腸関節

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/08/10(月)
8月6日(木)の読売新聞夕刊より。

仙腸関節が招く痛み

骨盤内にある「仙腸関節」のずれで起こる痛みがある。
画像診断ではわからず、見逃されることも多い。
痛みには特徴があり、問診などで疑いがあるか
どうかを絞り込むことができる

以下、新聞より

仙腸関節とは

 ■肩や股関節と違い、数ミリしか動かない
 ■上半身、下半身の動きを支え、体のバランスを保つ

仙腸関節は、骨盤内にある仙骨と腸骨を
つなぐ部分で、左右に一つずつある。

関節といっても、わずか数ミリしか動かない、
珍しい関節で、体が動く時に上半身の重みを
和らげ、下半身に伝える役割がある。

普段、意識しないが、ふとしたはずみや
出産などをきっかけに関節が関節がずれることがある。
ずれると、骨盤の後ろ側にある靭帯(後仙腸靭帯)が
硬くなり、神経が刺激されて痛みが起きる。

痛みの特徴――

 ●お尻の痛み(後仙腸靭帯周辺):82%
 ●そけい部(体前面、大腿の付け根付近):55%
 ●椅子に座ると痛い:71%

こうした痛みの特徴を聞き取り、
仙腸関節が原因と疑われたら、ブロック注射を行う。
痛みが緩和されれば、診断が確定される。

治療は――

 ●ブロック注射
 ●骨盤を安定させるゴムベルトの装着
 ●理学療法
 ●高周波凝固法

最終手段として

 ●関節を固定する手術

近年、原因不明とされた腰痛の中に少なからず仙腸関節の
ずれによる痛みが含まれるとわかってきたため、

 ・アメリカ:2011年
 ・ドイツ:2014年

に医師の研究会が組織された。

日本では2009年に、日本仙腸関節研究会が発足、
ホームページで情報提供を行っている(→HP)。

以上、新聞より抜粋。

以前、といってもかなり前ですが、医学界で仙腸関節は
動かない関節(不動関節)とされていました。
現在は、記事にあるように数ミリ動く関節とされています。

しかし、画像診断でほんの数ミリはわかりにくいでしょう。
ですので、腰痛で整形外科などでレントゲン検査をしても
原因不明、言い換えれば「骨には問題ない」と
いうことになると思います。

カイロプラクティックをはじめとする手技療法では、
仙腸関節は動く関節とされ、学校でそのように教わりました。

当院で最初にお話を伺うときに必ずチェックするところです。
そして、経験上、動きの悪くなっている方が多く、ほぼ必ず
施術しますね。

というわけで、カイロプラクティックを受けたあとに「思った
以上に楽になった」といってもらえるケースも多くあります。

腰痛で検査をしても異常がない、だけど腰が痛くて困っている
こうした場合は、ぜひカイロプラクティックを受けてみてください。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド