FC2ブログ

靴磨き

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/06/03(水)
お店で靴磨きをしてもらいました。
床屋さんで、1,080円→500円になる割引券をもらったので。

靴のみならず、財布や定期入れ、手帳など革製品は大好きです。
というわけで靴はもちろん、革製品を磨くのも大好き。

しかし、いつも革製品磨きは、本などから得た情報を基にした自己流
のため、今回、靴磨きは割引券があるのでプロにお願いしてみました。

磨く前は↓
靴磨き リーガル ビフォーアフター

磨いた後↓
靴磨き 新宿 before after

さすがプロ! よみがえったようにキレイになりました。

ちなみに、片方だけ磨いた後(写真左の右足側)↓
シューツリー(シューキーパー)が入っています。
やはり、これがあったほうが磨きやすそうですね。
靴磨き ビフォーアフター before after

「シューシャイン」という言葉があるように、
ピカピカの靴を履いていると気分がいいですね。
より靴の表面を光らせる鏡面磨きという仕上げ方法もあるようです。

「足元をみる」という言葉や、オシャレは足元から、などというように、
わりと靴は見られていますのでビジネスマンの方はご注意を。

昔は駅の近くで、靴磨き屋さんがズラッと並んでいましたが、
最近はほとんど見かけなくなりました。
(その頃は、革靴を履く年齢ではありませんでしたが)
また、刑事ドラマでは「街の情報屋」として登場していましたね。

この靴を買ったのは、2002(平成14)年。
(箱に日付を書いてあるので間違いないです)
リーガル( REGAL)で、確かセールで15,000円くらいだったと。

毎日、履いていたのではないですが、十年以上も使えています。
たとえ自己流でも、革製品はお手入れをしていけば長く使えますよ。

前述のとおり革製品を磨くのは好きなので、磨いているときは
全てを忘れているような気が。
それに磨き終わったあとの達成感というか充実感は、革製品のみならず
心にも栄養を与えキレイになった気にもなります。

とはいえ、今、使っている靴も含めた革製品は、それほど気をつかって
大事に使っていたわけではありません。
それに磨く経験用にと思って買ったものもチラホラとあり、
そろそろ買い替えが必要なものも。

この靴も靴底の寿命が近いと言われました。

そのうち、この靴はリペア(修理)に出そうと思っています。
「リーガルリペアショップ」というのがありますね。
修理したらブログに書こうと思います。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド