FC2ブログ

炊飯袋(災害に備えて)

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/03/16(月)
先日、所用で府中市役所に行ったときに、
日本赤十字社の「炊飯袋」というのをもらいました。
日本赤十字社(日赤) 炊飯袋

3月11日が、東日本大震災から4年だったので、
こうしたイベントも多いのでしょうか。

ついでと書いては何ですが……
「広報 けいしちょう」「広報 ふちゅう」
を一緒にもらってきました。

双方に「災害への備え」や「地震発生時のとるべき行動」
などが大きく載っていました。

「広報 ふちゅう 3月11日号」によると、
府中市では3月31日(火)までに「防災ハンドブック」を
全戸配布するそうです。
主な内容は「大地震編」「風水害編」「知識編」とのこと。

こちらを参照に防災用品をお持ちでない方は揃え、
お持ちの方は見直してみるといいと思います。

話がそれてしまいましたが、もらった炊飯袋。
この袋を使うと、ご飯が炊けるようです。

使い方は

 ●炊飯袋の目盛りを目安にお米と水を入れる
 ●沸騰したお湯に入れ、蓋をして30分~40分煮る
 ●10分ほど蒸らす

これで、あたたかいご飯ができるとのこと。

付属の説明には
東日本大震災などの大規模災害時には
インフラが停止して、普段通りの調理はできなくなります。
そうした状況下でも"あったかいご飯″
食べられる方法を身につけましょう。


以前、災害時にポリ袋を使った調理法(の本)について書きました↓。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

やはり、「あったかいご飯」が食べられることは重要なようです。
いざというときのために、実際に作ってみるといいですね。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド