FC2ブログ

顔出し看板

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/01/09(金)
昨年、美術館に行ったときに撮影し、ブログにも書いた
「顔だし看板」について読売新聞に載っていました。

華麗なるジャポニスム展 感想

ウフィツィ美術館展 顔だし看板

コチラは東京駅の「顔だし(ハメ)看板」、場所は丸の内口にて。
東京駅 顔だし看板 丸の内口側

以下、12月31日(水)の読売新聞より

「顔ハメ看板」「顔出しパネル」などと呼ばれる、
絵柄の一部がくりぬかれた看板が街おこしで
存在感を増している。
絵柄や形にこだわった看板も登場。

 ●スマートフォンで手軽に撮影できる
 ●ちょっとした「変身」を楽しめる

のが魅力とのこと。

千葉県銚子市では、顔ハメ看板で街おこしをしょうと、
地域の有志による「銚子市顔だし看板の会」が発足。

鳥取県米子市で毎年秋に開かれるイベント
「米子映画事変」では、昨年から約30枚の顔ハメ看板を設置。

北海道帯広市でも今夏、264枚の看板を並べるイベントを開催。
「世界最長の顔だし看板」としてギネス記録に認定されたとのこと。

北海道神楽町では、9年前から毎年夏に
看板の審査会「顔ハメ看板大会」を開いている。

顔ハメ看板の歴史はよくわかっていない。
印刷技術が向上し看板を手軽に製作でき、
設置しやすくなったことで、再び注目されるようになった。

「顔ハメ看板はコミュニケーションの道具」だそうです。

 ●友達と話題にする
 ●撮影時に他の人にシャッターを押してもらう

このような交流があるそうです。
(ちなみに私は「撮ってください」とよく頼まれます)

また、「看板を設置している店の人はフレンドリーなことが多く、
地域のことを色々教えてくれます」とのこと。

撮影のコツ

 ●看板に描かれた顔のあごの位置を確認し、
  自分のあごをそこにあわせる
 ●できるだけ看板に体を隠す

これで一体感のある写真になるそうです。

個人的に思いますが、看板によっては、
自分の前髪を隠すといいのではないでしょうか。

読売新聞 顔だし顔ハメ看板
どおりで最近は美術展でも見かけると思いました。

せっかくなので見かけたら上記の「撮影のコツ」を
思い出し、その場所の記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド