FC2ブログ

ノルマンディー展

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/10/22(水)
打ち合わせで出かけた日、思ったより早く済んだので
新宿で「ノルマンディー展」を鑑賞しました。
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 ノルマンディー展

この日10月1日は、ずっと東京住まいの方には
おなじみの「都民の日」。
公立の学校はお休みになるため、ここぞとばかりに
ディズニーランドなどに遊びに行ったことを思い出します。
(小中高と市立、都立でした)

今でも都の施設は無料開放などがありますので、
休日が合う場合はおトクにご利用できますね。

そして、コチラの美術館も当日は無料でした。
都民の日 無料開放デー 美術館 新宿

まず、美術館の名前が、
「損保ジャパン東郷青児美術館」
           ↓
「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」
に変わっていました。
(だんだん長くなっているような気が……)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 名称変更

ここは西新宿のビル群の中、建物の42階にあり、とても眺めがよく、
晴れた日にはレインボーブリッジまで見えるそうです。
損保ジャパン日本興亜ビル 42階

また、ゴッホの《ひまわり》などもあるので、
一緒に鑑賞するとよいでしょう。

今回のノルマンディー展、チラシには

 ・印象派のふるさと
 ・近代風景画のはじまり

とあります。

まず何より、「印象派」という言葉が生まれたのは、
モネが描いた《印象、日の出》、この絵画がもとになっています。

その《印象、日の出》、フランスはノルマンディー地方ル・アーブル
という所で描かれました。

そういえば、9月10日の朝日新聞 夕刊に、《印象、日の出》の
描かれた場所と日時が“ほぼ”特定されたとの記事がありました。
(今度、書きます。忘れていました、スミマセン……)

そのノルマンディー地方は、解説にもありましたが、第二次世界大戦で
「ノルマンディー上陸作戦」で戦地になったことで知られていると思います。
映画『史上最大の作戦』『プライベート・ライアン』は、この戦いを描いていますね。

その2につづく

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド