FC2ブログ

健康寿命

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/10/03(金)
10月2日(木)の読売新聞の記事。

2013年の健康寿命

  ・男性:71.19歳
  ・女性:74.21歳

だったと、1日に発表したとのこと。

そもそも、「健康寿命」とは何か、調べてみたところ
健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間
と厚生労働省は定義している。

また、2000(平成12)年にWHO(世界保健機関)が健康寿命を提唱したそうです。

そして、初めて算出した2010年の健康寿命は、
「男性:73.42歳」「女性:73.62歳」だったので、今回は

 ・男性:0.78歳
 ・女性:0.59歳

延びた。

「健康寿命」が延びたのは良いことだと思います。

しかし、2013年の日本人の「平均寿命」は

 ・男性:80.21歳
 ・女性:86.61歳

そして、「健康寿命」と「平均寿命」との開きは

 ・男性:9.02歳
 ・女性:12.4歳

すなわち、この間(約10年)は、健康的な生活ができず、介護などの
手助けが必要となる可能性があることになります。

ということは、生活の質が下がり、医療費や介護費が増える
可能性もあり、また、周囲の人の負担も増えますね。

政府は2020年(東京オリンピックの予定)までに、健康寿命を
2010年の平均より1歳以上延ばす目標を掲げているとのこと。

言い換えれば、平均寿命と健康寿命の差を縮めることが
重要ではないでしょうか。

「現在の健康」は「将来の健康」につながります。

カイロプラクティックは、健康の保持および増進に効果が
ありますので、ぜひ、受けてみてください。

【追伸】

2014年10月3日(金)、府中の大國魂神社では、まだセミが鳴いていました。
また、キンモクセイの香りがしていて、すでに花が落ちているところも
(去年よりも少しだけ早い気がします)。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド