FC2ブログ

夏の文庫本フェア

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/08/18(月)
今年も遅くなってしまいましたが、毎年恒例・夏の文庫本フェアの
小冊子をもらって来ました。
夏の文庫本フェア小冊子

去年のはコチラ
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

遅くなったせいか、すでに無い書店もあり、
全部、手に入れるのに、少々、手間取りました。
(この年になっても、こういう失敗するのは恥ずかしい……)

各社、「表紙」にこだわっているのでしょうか?

集英社文庫は数年前から、少年ジャンプなどのマンガ家が
描いたカバーイラストです。
今年の冊子は、「『るろうに剣心』特集」のような感じですね。

角川文庫は以前から、手ぬぐいや風呂敷のようなカバーがありました。
今年は「プレミアムカバーコレクション」という、
パステル色のカバーがあります(夏のフェア限定?)。
本自体も、女性向けのように思います。

新潮文庫は、「この夏しか手に入らない保存版プレミアムブックカバー」。
見ると、手帳の表紙のような重厚感があります。

この中から読んでみたい本は

 ●角川文庫:『怖い絵』
 ●集英社文庫:『残酷な王と悲しみの王妃』

後者のカバーになっている絵画は、
ベラスケスの《ラス・メニーナス(女官たち)》。

このほか、『思い出のとき修理します』(集英社文庫)も気になります。
高級な機械式時計は持っていません。
しかし時計はわりと好きなほうなので。

今年(かなり遅いけど……)は、このどれかにしようと思います。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド