FC2ブログ

熱中症にご注意

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/07/15(火)
本日、7月15日のニュース。

総務省消防庁は15日、13日までの1週間に熱中症で
救急搬送されたのは2357人だったと発表した。
前週の2・3倍で、65歳以上が46・6%を占めた。
死者は3人だった。台風8号の通過後、最高気温が35度以上の
猛暑日や30度以上の真夏日を各地で記録したことが要因とみられる。

 都道府県別では、埼玉の176人が最も多く、東京都161人、
神奈川145人、愛知135人、大阪134人、福岡106人。
日別では大雨から一転して全国的に気温が上がった11日が
前日の4・6倍となる488人、12日は586人と急増した。
同庁は「室温が28度を超えないようエアコンや扇風機を上手に使い、
こまめに水分補給することが大切だ」と注意を呼びかけている。


コチラは、東京都の広報6月号。
広報 東京都 6月号

記事によると、東京消防庁管内では、
昨年6月~9月に熱中症(疑いを含む)により
4,463人が救急車で搬送されました。
そのうち4割以上が65歳以上の高齢者でした。
特に梅雨の合間に突然気温が上昇した日や
梅雨明けの蒸し暑い日などは注意が必要です。


今回のニュースにも、ピタリと当てはまる部分もありますね。

そろそろ、梅雨明けも近いはず、
さらに、気をつけましょう。

天候の変化に、体がついていかない時期が危ない
という面があると思います。

同じく、広報によると

 ●早めにこまめに水分補給しよう
 ●部屋の中は風通し良くしよう
 ●帽子や日傘で日差し対策しよう

とあります。

こうした点に注意して、
熱中症の予防対策を心がけましょう!

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド