FC2ブログ

喜多川歌麿の肉筆画 見つかる

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/03/03(月)
3月2日(日)のニュース

喜多川歌麿の肉筆画が発見され、公開される

1948(昭和23)年に銀座で公開された後、
行方知れずだったものが、2012年に国内で発見された模様。

(どこで見つかったのか? 気になります)

4月から箱根の岡田美術館で一般公開されるようです。

見つかった作品は《深川の雪》

これは《品川の月》《吉原の花》と共に「雪月花」3部作と
いわれる作品のひとつで、晩年の傑作。

大きさは、縦横それぞれ、約2×約3.5メートルで
最大級の掛け軸だそうです。

今回の発見によって

 ・《深川の雪》
 ・《品川の月》(アメリカ・フリーア美術館蔵)
 ・《吉原の花》(アメリカ・ワズワース・アセーニアム美術館蔵)

の「雪月花」3部作が揃いました。

(他の作品は、てっきりボストン美術館にあるのかと思いました)

喜多川歌麿は、作品が国立博物館にも収蔵されていますので、
日本を代表する浮世絵師といってよいと思います。

江戸時代後期の人物ですね。

そして、今回の発見は、
喜多川歌麿の研究資料として重要だと思います。

ですので、個人的には「お宝 発見!」

近い将来、「雪月花3部作 発見記念」として、
3幅を並べて展覧会を開催してもらいたいです。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド