FC2ブログ

インフルエンザ・ノロウィルスに注意

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/12/11(水)
12月5日に東京都で

ノロウィルス等の感染性胃腸炎の流行警報基準を超えた

との発表。

それと、12月11日発行の「広報 ふちゅう」

「感染予防の基本は手洗い」として、「手洗いのポイント」が掲載。
広報 府中 2013年12月11日号

また、インフルエンザやノロウィルスの症状の
説明とともに、予防法も書いてあります。

以下、「広報 ふちゅう」からの抜粋

◆感染予防の基本は手洗い

手洗いのポイントは6点


 1、手のひらをよくこする
 2、手の甲を伸ばすようにこする
 3、指先・爪の間を念入りにこする
 4、指の間を洗う
 5、親指と手のひらをねじり洗いする
 6、手首も忘れずに洗う

と図入りの説明があり

指先、爪・指の間、親指の周り、手のしわや手首は
汚れが残りやすいので、十分に洗いましょう。


とも書いてありました。

◆インフルエンザに関して

症状は

 ●38℃以上の発熱
 ●頭痛
 ●関節痛
 ●筋肉痛

などの全身症状が現れます。

抵抗力の弱い方(高齢者・子どもなど)は重症化する
可能性が高いので十分な注意が必要。

予防するには

 ●適切な湿度(50~60%)を保つ
 ●十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
 ●不必要な外出を控える
 ●マスクの着用
 ●予防接種

かかってしまったら

 ●早めに医療機関に受診
 ●十分な水分と栄養

が推奨されています。

◆ノロウィルスに関して

 ●ウィルスに汚染された食品
 ●ウィルスが蓄積し加熱が不十分な食品
 ●感染した人の嘔吐物やふん便

などを介して感染し、
乾燥すると空中に漂い、感染することもある。

症状は

 ●嘔吐
 ●下痢
 ●腹痛

などを起こし、抵抗力の弱い方は重症化する恐れがある。

インフルエンザ・ノロウィルスともに
高齢者や子どもの居る家庭は特に注意ということですね


予防するには

 ●症状がある方は食品を取り扱わない
 ●食品の中心までの十分な加熱
 ●調理器具などの使用後は洗浄、消毒
 ●嘔吐物やふん便の処理には、マスク、手袋を着用
 ●感染者が使ったものなどは、他の物と分けて洗浄、消毒
 ●消毒は塩素のみ有効

かかってしまったら、ワクチンは無いので、
点滴などの対症療法になる。

抜粋おわり

ノロウィルスの対症療法についてはコチラを↓
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

感染すると生活や仕事に支障が出ます。
上記の注意点を参照に、感染予防に取り組みましょう。

「広報 ふちゅう」の今号(12月11日号)は、
しばらく当院に置きますので、ご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド