FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2016年07月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/07/28(木)
「ギザ10(ギザ十?)」を入手しました。
手元にあるのも数年ぶりの気がします。
ギザ10 ギザ十

そもそも「ギザ10」を知っていますか。

簡単に説明すると、
周りにギザギザのある10円硬貨のこと。

古い10円にしかなく、調べてみると
1951(昭和26)年~1958(昭和33)年に
発行されたもののようです。

50年以上前に発行され、今は作られていなく
流通も少ないので、見かけることが
少ないのも当然かもしれません。

この10円硬貨が作られたのは昭和29(1954)年。
平成28(2016)年の今から62年前。

当時の価値はどれくらいだったのでしょうか。

昭和から平成へ、どこで使われたのか、
誰の手に渡ったのか、前に自分で使った
ことがあるのかなど……

半世紀以上もの長い年月、日本中をどのように
流通してきたのか思いを巡らせます。

そういえばゲーム『ドラゴンクエストⅧ』に、
イシュマウリという物の記憶を甦らせる
キャラクターがいました。

「こういうときに」と思いましたが、発想は
「ドラえもんがいれば」と同じですね。

現実的な話に戻しますが、
このギザ10をどうするか考え中。

●A案:いつ入手できるか
   わからないので手元に置く

●B案:友人が集めているので渡す

どちらかにしようと思います。

気にせず使うという選択肢もありますが、
せっかくだしモッタイナイので。

ちなみに「フデ五」というのもあるそうです。

こちらも古い硬貨で、文字が筆で
書いたようになっているから呼ばれるとのこと。

5円硬貨が手に入ったら
確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



2016/07/25(月)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

●ストーリー

DNA捜査システムにより、現場の遺留品から
人物の特徴が高精度で判明するようになる。

また、DNA情報を比較することで
人物の絞り込みが簡単になり、
犯罪の検挙率が格段にあがった。

しかし、中には不明のデータもある。

「電トリ」と呼ばれる機器を使い、射殺された
2件の殺人事件は遺留物も同一だが、
システムにかけると「Not Found」とでる。
今回のケースは13番目→略してNF13。

警察側は単なる比較するデータ不足だと考えていた。

そのさなか、神楽が水上の治療を受けているときに、
システム構築者の蓼科兄弟が殺害される。

神楽が現場にあった毛髪からDNAを解析すると、
データは自分を示す。
自分ではないが、もう一人の人格リュウの仕業かと
考え、確認しようとするが、本人は出てこない。
神楽がスズランに初めて出会う。

水上に相談しようと新世紀大学に行くが、
白鳥から捜査の手が伸びていることを知らされ
大学前で逃亡する。

白鳥と会い、DNA捜査システムの不備と
補完するプログラムの存在を知らされる。
補完プログラムは通称「モーグル」。
モーグルを探すことも頼まれる。

神楽は探すため東京から北の暮礼路市
(蓼科兄弟の故郷)へ行き手がかりを得る。
二人がシステムを構築したあと後悔していて、
モーグルを作ったことを知るが、発見はできず。

DNA捜査システムからモーグルを使って
取り出せるものが「プラチナデータ」。

同じころ、捜査の権限が警視庁から警察庁へ移る。
浅間は不審に思う。

神楽は発見されるが、チクシや
サソリの協力もあり逃走する。

神楽が暮礼路市を出て白鳥に連絡をすると、
浅間が電話に出る。

神楽は浅間とのやり取りで白鳥が殺害された
ことを信じ、共同することに決める。

浅間は病院へ行き、神楽は地方から
ネット電話で指示を出しながら捜索をする。

ついにリュウが描いた絵の中からモーグルを
発見するが、病院へ捜査員が来る。

浅間は非常口から出て水上に匿われる。

モーグルを稼動させるため、神楽は東京へ、
浅間と水上は一緒に特殊解析研究所へ向かう。

研究所前で三人が会うが、水上は
浅間の背中に銃を向ける。

水上は浅間に薬を注射、神楽との
やり取りで事件の真相が語られる。

DNA捜査システムは、あるデータと合致すると
不明となるように組まれていて、
そのデータが「プラチナデータ」。

プラチナデータは主に特権階級のもの。
水上は立場を利用し、自分の情報を入れていた。

そのデータを抽出するプログラムがモーグル。

水上はモーグルを知ったので、
蓼科兄弟を殺害したこと、
気付きそうだった白鳥を殺害したことを語る。

また、連続殺人は脳を操るための実験だったこと。

神楽は電トリを使って殺されそうになるが
助かり、リュウが出現する。
水上と浅間が格闘中に水上を射殺。

リュウは「あと一度、もう一枚絵を
描いたら消える」と伝言を残す。

神楽は病院で志賀からプラチナデータと
モーグルの件、今後の処遇を話す。
また、スズランはいないが、リュウに
とっては実在していたことを語る。

神楽が病院で反転剤を使いリュウになったとき、
蓼科早樹は密かにリュウと会っていた。

最後の反転剤を使うと、
リュウの前にスズランが来る。
真っ白なキャンバスを前に二人は
一緒になることを約束し消える。

浅間は全て口外しないことを条件に刑事を続ける。

神楽は研究所の好条件を断り、
暮礼路市の集落で陶芸家として暮らす。
そこには、最後にリュウの描いた
ウエディングドレス姿のスズランの絵があった。

関連記事
2016/07/21(木)
映画化もされた小説『プラチナデータ』を
読みました。

図書館で借りた文庫本で発行は平成24年7月5日。
ずいぶん前の本ですが、ネタバレ注意。

ストーリーは伏線が張られたまま進んでいき、
最後につながるので、二度読むとよく分かると思いました。

500ページ近いですが、場面の切り替わりが早いため
どんどん読み進めていけるので、時間はかからなかったです。

●登場人物

■警察庁

特殊解析研究所

◇神楽龍平(カグラ リュウヘイ):主人公。
主任解析員で優秀だが、二重人格者でもう一人はリュウ。
殺人事件の重要参考人として追わつつ、DNA捜査システムの
隠された秘密と暴くソフトを探す。

◇志賀:研究所所長

◇白鳥里沙:アメリカ育ちの日本人。容姿端麗の女性。
アメリカでDNA捜査システムの研究をしていて、
日米協力のため派遣された。
しかし、DNA捜査システムの秘密を知っていて、神楽に
調査を頼む。

■警視庁

捜査一課

◇浅間玲司:昔ながらの刑事

◇木場:係長。浅間の上司

■新世紀大学病院

◇水上洋次郎(ミナカミ ヨウジロウ):真犯人でNF13。
脳神経科教授。神楽、蓼科早樹の主治医

◇蓼科早樹:女性。顔に大きなあざがある。
そのため人前には出たがらない数学の天才。
サヴァン症候群。

◇蓼科耕作:早樹の兄

■そのほか

◇神楽昭吾:龍平の父。陶芸家

◇リュウ:龍平のもう一人の人格。絵を描くことしかしない

◇スズラン:リュウの恋人。リュウには早樹がこう見える

◇チクシ:田舎の暮礼路市の僻地(ヘキチ)で、
できる限り人と関わらない生活をしている。
建築士だったので「チクシ」

◇サソリ:チクシと同じ。腕にサソリの
刺青があるので「サソリ」
前は裏社会とつながる店のバーテン。
陶芸をやる

ほか多数。

管理社会への警鐘が書かれていました。

そこへ

 ◇科学と非科学
 ◇先端技術と昔ながらの方法

などが対比されていて、そこにタテ割り

 ◇警察庁と警視庁
 ◇警視庁と県警本部

なども書かれていたと思います。

その2へづづく

関連記事
2016/07/19(火)
隔月恒例、あいぼりーを入手しました。
無料のフリーペーパーはおトク感があります。

●旬コレ

夏こそしっかりケアしたい!
冷え対策グッズ

長時間、冷房の風に当たることが
多くなりがちな夏こそ、
冷え対策が不可欠!
今回は、身体をしっかり温めてくれる
夏向けの冷えとりグッズをご紹介します。

*****

当院でも夏になると、仕事中に
寝違えたという方が増えてきます。

呼ばれて向いたときに痛くなったなど。

また、足元が寒くてむくんでしまう
女性も多いです。

●今号の特集

HAVE FUN THIS SUMMER
夏を楽しむ7つの方法

1 浴衣を着て深大寺へ出かける
2 花火大会&イベントで夜を味わう
3 プールで思いっきり遊ぶ
4 水の流れる公園で涼を感じる
5 気が置けない仲間とBBQをする
6 テイクアウトデリでサマーピクニック!
7 オリジナルカクテルで気分よく酔う

*****

夏らしく屋外(もちろん京王線・井の頭線沿線)
でのイベントやスポットなどの紹介。

●京王線・井の頭線沿線
途中下車してGood Taste

夏の新定番!
個性が光るユニーク餃子

*****

6店と、京王線と直通の都営新宿線は
神保町のお店が1店紹介。

掲載されていませんが、当院の近くに
「餃子バル」ができました。
また、分倍河原駅前にも餃子屋が
あります。

このほかにも役立つ内容が
掲載されていますので、ご覧ください。

当院にも置いてあります。

関連記事
2016/07/15(金)
前回のつづき
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-426.html

チラシより
●色彩は「幸福」を祝うために
●印象派の最高傑作、初来日


チラシの表側は、《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の
一部が、裏側には《田舎のダンス》と《都会のダンス》。

この2枚には45年ぶりに揃って来日!

ちなみに、《ブージヴァルのダンス》というのもあり、
名古屋の展覧会に現在来ているようです。

チラシの紹介文に、ルノワールの最高傑作
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》(1876年)が
日本で初めて展示されます。

とありました。

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》は、
ルノワールの最高傑作でもあり、印象派の最高傑作
でもあるのですね。
ルノワール展 2016 六本木

展示構成

Ⅰ章 印象派へ向かって
Ⅱ章 「私は人物画家だ」:肖像画の制作
Ⅲ章 「風景画家の手技(メチェ)」
Ⅳ章 “現代生活”を描く
Ⅴ章 「絵の労働者」:ルノワールのデッサン
Ⅵ章 子どもたち
Ⅶ章 「花の絵のように美しい」
Ⅷ章 《ピアノを弾く少女たち》の周辺
Ⅸ章 身近な人たちの絵と肖像画
Ⅹ章 裸婦、「芸術に不可欠な形式のひとつ」

出品リストには103まで番号があります。
とはいえ、ゴッホやピカソなどもあり
全てルノワール作品ではありません。

またチラシより、100点を超える絵画や彫刻、
デッサン、パステル、貴重な資料の数々によって

とありました。

解説によると、ルノワールの活動期間は60年。
映像では、見る者の気分を明るくする
幸せの画家といわれているとのこと。

《陽光の中の裸婦(エチュード、ソルト、光の効果)》は
賛否両論あったそうです。

ルノワールは、人物画家という自負があったそうで、
小説家マルセル・プルーストの賛辞があったそうです。

《読書する少女》のモデルは「マルゴ」という人で、
ルノワール作品にはよく登場するとのこと。

1881年にアルジェリアの旅に行ったことにより、
新しい作品が描かれるようになったそうです。
Ⅲ章にあり、風景画でした。

Ⅳ章に、
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》
描かれたのは1876年、
大きさは131.5cm×176.5cm。
大きくて迫力がありました。

《田舎のダンス》と《都会のダンス》も。
印象派を超えようとしていたことが、
うかがえるそうです。

この当時(日本だと明治初期)の現代生活ですね。

Ⅴ章の解説によると、印象派の限界に
達したと考えるようになったそうです。

ルノワールの絵具箱が資料としてありました。

Ⅷ章の《ピアノを弾く少女たち》は、
国家買い上げで、最も完全な作品のひとつとのこと。

Ⅹ章の《浴女たち》(1918~1919)は、
人生最後の数ヶ月を費やした大作とのこと。
マティスは「最高傑作」、本人は「ルーベンスだって
満足しただろう」と語ったそうです。

今回は時代順の展示ではありません。
章立てにあるように、ルノワールが何を
主題にして描いたかがテーマです。

幸せな気分で会場をあとにしました。

関連記事
2016/07/13(水)
六本木の国立新美術館で
「ルノワール展」を鑑賞しました。

ピエール・オーギュスト・ルノワール
(1841年~1919年)、
フランス人で印象派の画家。

(「ルノワール」で「ルノール」では
ないのですね。
しかし、今回タイアップしている喫茶店は
「ルノアール」。)

ルノワールというと――
年に数回は絵画を目にしまして、
展覧会のチラシ絵にもなっていることも
多い。

また、描く女性は、ぽっちゃりしたタイプが多く、
モヤモヤしたタッチの絵は、
好みが分かれる。

といったイメージがあります。

ルノワールの展覧会というと――

●2008年:ルノワール+ルノワール展
●2010年:ルノワール~伝統と革新

を鑑賞しました。ちなみに、

●2013年:奇跡のクラーク・コレクション
のサブタイトルは「ルノワールとフランス絵画の傑作」。

ルノワール+ルノワール展は、渋谷の
Bunkamuraザ・ミュージアムにて。

画家の父ルノワールの絵画と、
映画監督の次男ジャンの映画の
関連性を示す展示だったと思います。

例えば、絵画の《ブランコ》が、
映画のこのシーンに使われているなどでした。

ルノワール~伝統と革新は国立新美術館にて。

読んで字のごとく、ルノワールが
伝統を踏まえつつ新しい絵画手法を模索したという
展示だったはず……
しかし、画業の紹介という記憶しかありません……

奇跡のクラーク・コレクションのときは、
出品73点のうち22点がルノワールでした。

そして今回のタイトルは
「オルセー美術館・
オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」。

日経新聞4月24日には、オルセー美術館と
オランジュリー美術館が同一法人なので実現と。

6月24日には画家と作家の対談が出ていました。

展覧会の主催は日経新聞のためか、新聞記事は
日経新聞に多かったように思います。

前にも載せました。《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》の絵はがき。
(今回の展覧会では
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》となっています)
絵はがきは、色あせするので飾るときは気をつけてください。
ルノワール《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》 オルセー美術館

なお、「ムーラン」は風車の意味なので、
訳すと「ギャレットの風車」でしょうか。

ちなみに、映画がありロートレックとも関係ある
「ムーラン・ルージュ」は「赤い風車」。

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》を、
目でみれてよかったです。

その2につづく

関連記事
2016/07/11(月)
7月8日(金)日経新聞朝刊より

東京都は中小企業に
保健師や栄養士を訪問させて、
従業員の生活習慣を見直してもらう
制度を8月から開始する。
大企業に比べて取り組みが遅れがちな
社員の健康管理を手助けするのが狙い。
業種に合わせた食事や運動など
健康づくりのメニューを提案する。
2年かけて20社程度を訪問、
取り組みの成果や課題をモデルとして
都内の中小に示し、健康づくりにつなげる。

都が新たに制度をつくった
「職域健康づくり推進事業」で、
都内に本社か事業所のある
従業員300人以下の中小企業が対象。


*******

「大企業に比べて取り組みが遅れがちな」
とあります。
ずいぶん前に親戚二人が
病気やケガをしたときのこと。
会社の対応や福利厚生は、
大企業と中小企業では
ずいぶん違っていました。

中小企業は大企業に比べ、
病気で休む人が出ると、
業務に大きく支障が出るのでは
ないでしょうか。

「ワーク ライフ バランス(仕事と生活の調和)」や
「QOL(クオリティ オブ ライフ)」は、
一般的な言葉になっていると思います。

(「言うほど簡単じゃない」と
思われるかもしれませんが……)

都が中小企業の健康管理の手助けを
すると、ひいては都に
還ってくるような気がします。

全体の健康度があがるといいと思いました。

関連記事
2016/07/08(金)
広報 ふちゅう 7月1日号に、
府中の夜空を彩る花火大会

 ●競馬場花火大会
 ●競艇場花火大会

が掲載されていました。

■東京競馬場花火大会

▽日時 7月10日(日)
午後7時半~8時/荒天中止

▽会場 東京競馬場

▽問合せ 花火大会事務局
(050・3187・7872)

※当日の開催状況などは、
特設サイト
http://www.trc-hanabi.jp) で
お知らせします。

■ボートレース多摩川納涼花火大会

▽日時 7月28日(木)
午後7時半~8時15分/荒天中止

▽会場 ボートレース多摩川

▽内容 ナイアガラ、スターマイン
などの花火約1000発

▽問合せ 多摩川競艇運営協議会
(369・1811)

◆ 共 通 項 目 ◆

▽入場 自由(無料)

※花火大会の来場には、
公共交通機関をご利用ください。

以上、広報 ふちゅう 7月1日号より

競馬場の花火大会のほうは
特設サイトがあり、そこの
QRコードがありました。

広報 ふちゅうはインターネット(PDF)でも
見られるので、当日の様子は
アクセスして確認してはいかがでしょう。

府中市民は楽しみにしている方は
多いのではないでしょうか。

「競馬場の花火はいつですか?」と
よく聞かれます。

皆様お誘い合わせのうえお出かけください。

なお、今号によると、
今回の競馬場花火大会も
選挙と同じ日のようです。
2013年もでした(7月21日)。

今回の選挙の特徴は、
選挙権が18才以上に
なったことだと思います。

広報の6月21日号にも
書かれていました。

もうひとつ、広報 ふちゅう より、
府中市のプールが
7月16日にオープンします。

こちらもどうぞ。

関連記事
2016/07/06(水)
6月30日(木)の新聞各紙に書かれていました。

●29日に、国立がん研究センターが
全国47都道府県のがん患者数のデータを公表。

●データは2012年のもので、がんと診断された人は
推計で86万5,238人。
2011年よりも1万4,000人増えた。

●今回の調査で初めて全国のデータが揃い、
発症に地域差があることがわかった。

おおまかに、このようなことが書かれていました。
新聞によって書き方に違いがあり興味深かったです。

記事によると

◇がんの発症率が高いのは

 男性:北海道、東北、山陰、北九州など
 女性:都市圏

肝がんは西日本が高く、
乳がんは東京都が突出して高い。

◇部位別にみると上位から

 男性:胃、大腸、肺、前立腺、肝臓
 女性:乳房、大腸、胃、肺、子宮

男性は、前立腺がんの増加は頭打ちに
なったものの、大腸がんは増えている。
女性は、2011年と変わらない。

地域差の要因は、生活習慣のほか、
がんの原因となるウィルス感染者の
分布などが考えられる。

詳細は、国立がん研究センターの
公式サイトにある。

*******

ニュースを読んで、このようながんの
全国データが初めて揃ったというのは、
驚きました。

お住まいの地域の傾向を考え、
予防に役立てるといいと思います。

関連記事
2016/07/04(月)
広報 ふちゅう 6月21日号より

熱中症を予防して
元気に夏を迎えましょう


熱中症の発症は7・8月がピークですが、
湿度が高い梅雨時期も注意が必要です。
気温が28度を超えると熱中症で
救急搬送される方が増えてきます。
特に高齢者と子どもは注意が必要ですので、
正しい予防法を身に付けて
健康に夏を迎えましょう。
問合せは、
保健センター成人保健係(368・6511)へ。

(注:市外局番は042)

■熱中症の予防のポイント

熱中症の予防には、水分補給と
暑さを避けることが大切です。

○部屋の温度をこまめにチェック
しましょう

○室温が28度を超えないように、
エアコンや扇風機を上手に
使いましょう

○喉が渇く前に水分補給をしましょう

○外出の際は、涼しい服装で、
日よけ対策もしましょう

○無理をせず、適度に
休憩をとりましょう

○日頃から栄養バランスの
良い食事と体力づくりをしましょう

■熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、
筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、おう吐、
けん怠感、虚脱感ほか

■熱中症になってしまったら

○風通しの良い日陰や
冷房の効いた所に移動しましょう

○衣服を緩めて、体を楽にしましょう

○冷たい水で冷やしたタオル、
冷たい水を入れた容器などを、
脇の下や足の付け根に当て、
体を冷やしましょう

○水分補給をしましょう。
ただし、意識障害やけいれんなどが
あり自力で飲めない場合は無理を
せず、早急に医療機関を受診しましょう

*******

毎年この時期になると(5月くらいから)、
新聞各紙にも、熱中症予防の
記事が出始めますね。

書いてあることはほぼ同じで、
分けると「予防」「症状」「対処」
ではないでしょうか。

熱中症になったら、
「脇の下や足の付け根を冷やす」というのは、
太い血管があるため冷やす効果が高いため。

また、毎年のように「搬送者急増」や
「患者人数更新」とニュースになる気がします。
熱中症は屋内でもなる可能性があり、
亡くなる方もいる症状。

「自分は大丈夫」と思わずに、
注意するに越したことはないですね。

広報 ふちゅうは、インターネットでも見ら
れるのでご覧ください。

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド