FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2015年05月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/05/28(木)
京王線が、毎年配布している
「子育てファミリーお出かけマップ」
を入手しました。

昨年は↓
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

今年(2015年)の版は5月25日から配りはじめたようです。

これは文字どおり

・子育てファミリー
・子連れママ

などに役立つ京王・井の頭線沿線の情報が
掲載されている小冊子。

施設の対象年齢も表示してあり、
そのうえ特典クーポンまで付いておトクです。
しかも、無料!

巻頭の特集は「京王多摩センター駅」、
9ヶ所の施設が紹介されています。

このほか

 ・野外体験施設
 ・アミューズメントパーク
 ・屋内体験施設
 ・レストラン、カフェ
 ・ショッピング施設
 ・美容院

全部で43施設。

昨年まで、クーポンは巻末に切り取るかたちで
付いていましたが、今年からは、この冊子を持って行って
見せる形に。

このほうが、クーポンが足りなくなることは
ないので、いいかもしれませんね。

巻末には――

●京王グループの子育て支援事業
→「京王子育て」で検索。

●京王アカデミープログラム
→「京王アカデミープログラム」で検索。

後者は子供から大人までのようです。
ご家族で参加できるのではないでしょうか。

さっそく弟家族に渡したところ、お嫁さんから
「いいものくれた」と喜ばれました。

当院でも毎年置いてあり、来院いただいた
お父さんお母さんに参考にして頂いています。

今回も置いておくので、ぜひご覧ください。

京王・井の頭線の全駅で限定5万部配布とのこと。
手に入れたい方はお早めにどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト



2015/05/25(月)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-292.html

2011年のNGA展の展示構成――

 1、印象派登場まで
 2、印象派
 3、紙の上の印象派
 4、ポスト印象派以降

で出品数は83点でした。

今回の展示構成――

 1|戸外での制作
 2|友人とモデル
 3|芸術家の肖像
 4|静物画
 5|ボナールとヴュイヤール

で出品数は68点。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 2015年

1の「戸外での制作」、印象派を語るうえで部屋から出て
外で絵を描いたことははずせませんね。

ピサロやシスレーは印象派の中心人物とのこと。
ドガは「踊り子」「洗濯女」「馬」はとり上げることの多い
モチーフだそうです。
踊り子や馬はよくみる気がしますね。

ここでブーダンの絵が多く展示してありよかったです。

2の「友人とモデル」、やはりというべきか、
ドガの踊り子の絵はありました。

ルノワール《アンリオ夫人》は数回目の鑑賞。
アンリオ夫人は、ルノワールお気に入りのモデルで、数点
同じ絵があるとのこと。
また、モデル本人もこの絵を気に入っていて、
生涯、手元に置いていたそうです。

同じくルノワールの《モネ夫人とその息子》、
夫人は去年3回鑑賞したカミーユでしょう。
それに、これとほぼ同じ構図で描かれたマネの絵が
メトロポリタン美術館にあるとのこと。

3の「芸術家の肖像」にも、自画像やルノワールの描いたモネ
などがあり、印象派の画家同士の付き合いが分かるような気がしました。

4の「静物画」、静物画というと、モチーフは果物やパンなどが
多いように思いますが、ヴォロン《バターの塊》は、近代的な気がします。

5の「ボナールとヴュイヤール」は、質量ともにNGAの重要な位置を
占めているとのこと。
小品が多いとはいえ、やはり日本の普通の家に飾るには大きい絵もあり、
大邸宅だったのだろうと思いました。

印象派は初めの頃は評価は低かったはず。
アメリカでも低い時代もあったとは思いますが、ヨーロッパよりも
新しい国のアメリカで早くから受け入れられたようで、印象派のよい作品は
多くあると思います。
もちろん、印象派の殿堂といわれるのはオルセー美術館ですが。

アメリカの美術館の展覧会も開催して欲しいと思いました。

関連記事
2015/05/22(金)
三菱一号館美術館の
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」
に行きました。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 三菱一号館美術館

小説『羊たちの沈黙』に「ワシントンに帰ったら、国立美術館へ行って~
というレクター博士のセリフがあります。
ここを指しているのでしょうか。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー:National Gallery of Art,Washington
で長いため以下、NGA。

NGA展の鑑賞は2回目です。
前回は、2011年6月8日~9月5日まで国立新美術館での開催でした。

サブタイトルは、「これを見ずに、印象派は語れない。
で、印象派とポスト印象派の絵画が83点ありました。

そのときのチラシと出品リスト↓
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 2011年

そして今回、やはり印象派とポスト印象派の絵画なのですが、
サブタイトルは「私の印象派。」。

そもそも、NGAの収蔵品は市民からの寄贈品がほとんどだそうです。
そのNGAは大富豪だったアンドリュー・W・メロンによって創設されました。
娘のエイルサ・メロンは、アメリカの近代美術振興に大きな功績を
残したそうで、自宅を飾るために収集した絵画がNGAの印象派と
ポスト印象派の絵画コレクションの中心を形成しているとのこと。

それらはNGAの中でも最も親しまれ、人気のあるコレクションで、
今回はNGAの大規模な改修を機に貸し出されたそうです。

三菱一号館美術館は小部屋が連なるつくりなので、自宅を飾るような
雰囲気が出せるため、館長の夢がかなったと解説がありました。
作品は小さいものが多く、部屋を飾る感じはあったと思います。

出品数は68点、日本初公開が38点。
前回も鑑賞した作品は11点だと思います。

手持ちの資料をみたところ

 ・モネ《アルジャントゥイユ》
 ・ピサロ《ルーヴシエンヌの花の咲く果樹園》
 ・シスレー《アルジャントゥイユのエロイーズ大通り》
 ・ブーダン《オンフルール港の祭り》
 ・ブーダン《トゥルーヴィル近郊の洗濯女》
 ・ドガ《舞台裏の踊り子》
 ・ルノワール《アンリオ夫人》
 ・マネ《キング・チャールズ・スパニエル犬》
 ・マネ《牡蠣》
 ・ロートレック《カルメン・ゴーダン》
 ・ラトゥール《皿の上の3つの桃》

間違いがあれば指摘してください。

その2につづく

関連記事
2015/05/18(月)
「あいぼりー 90号」を入手しました。
今年度が始まって最初の発行。

あいぼりーには、京王線・井の頭線線沿線の
様々な生活情報が掲載されています。

4月から京王線・井の頭線線沿線に住み始めた方は
駅のラックに置いてあるので、手にとってみてください。
また、毎号、当院に置いてありますので。

今号の特集は、新生活をもっと楽しく♪
ココロおどる雑貨ハンティング!


吉祥寺の「中道通り」と「大正通り」が取り上げられています。

いわゆる、「吉祥寺 東急裏」といわれるエリアですね。
吉祥寺駅の北口を出て、右(西)側へ行くとあります。

雑貨屋の他にも古着屋やカフェなどもあり、女性に人気があります。
ちなみに、中道通りには友人の整体院(肩こり堂)もあります。

あいぼりーによると、ヨーロッパを中心とした外国製のアイテムが多く、
また、一点物が多いので、お気に入りを見つけたら
迷わずゲットするのがいいようです。

なお、吉祥寺に行かれたならば、
吉祥寺駅直結の「キラリナ」にも忘れずに。

「One Day Trip」で高尾山が出ています。

高尾山は、新宿から京王線で約50分。
都心から気軽に行けて自然を満喫できる山、
ミシュランガイドにも三ツ星で紹介されました。

登山ルートはいくつかあり、今回は、吊り橋(みやま橋)の
ある4号路が紹介されています。

初心者向けのルートや、ケーブルカーにリフトもあるので
気軽に行けます。

高尾山口駅は、今年(2015年)にリニューアルされました。
天然温泉がオープンするとのことでしたが、5月現在はまだのようです。

「京王線・井の頭線 途中下車してGood Taste」――
開放感たっぷり! “外飲み”がおいしい極上テラス

これからの季節、テラス席で食事をしながら
お酒を飲むのは気持ちいいですね。

府中(府中駅徒歩5分)のお店が掲載されています。
なお、webサイトの「街はぴ」でも特集されていますので、
コチラで探してみるのもいいと思います。

これらの他にも、さまざまな街情報が書かれていますので、
ぜひ読んでみてください。

関連記事
2015/05/15(金)
5月12日のニュース。

ピカソの絵画が
約1億7900万ドル(約215億円)で落札


とありました。

作品は《アルジェの女たち(バージョンO》、描かれた年は1955年。

ニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられ、
オークションにかけられた美術品としては史上最高額とのこと。

これまでの最高額は、フランシス・ベーコンの《ルシアン・フロイドの3習作》で
2013年11月に約1億4240万ドル(当時:約142億円)。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

100億とか200億などの金額は、文字どおり天文学的数字。
それにしても、ここ数年、美術品の取引で
大きな金額がポンポン出ているような気がします。

今年の初めには、ゴーギャンの絵
《Nafea Faa Ipoipo》(ナファエ・ファア・イポイポ)が
約3億ドル(当時:約360億円)で取引されました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

また、2011年には、セザンヌの絵《カード遊びをする人たち》が
2億5000万ドル(当時:約300億円)以上で売買されています。

オークションにかけられた美術品としては」と書いてあるように
オークションでの落札額よりも、個々に取引された金額のほうが
高いのですね。

ブログを読み返してみると、昨年、クリスティーズは
「印象派と(ピカソなど)立体派の作品の人気が特に高い」と評している
と自分で書いていました。

もしかすると、これから先、
「○○の絵画、史上最高額で~」というニュースが
ポンポン出るかもしれませんね。

絵画の取引ニュースには注目しておきたいと思います。

関連記事
2015/05/13(水)
ゴールデンウィーク明け頃、いくつかの新聞に
掲載されていました。

コーヒーや緑茶を多く飲むと、心臓病や脳卒中などで
死亡するリスクが低下する
とのこと。

この調査は、東京大や国立がん研究センターなどの研究チームが、
全国の40~69歳の健康な男女約9万人を1990年以降、
平均19年間追跡調査した結果だそうです。

●コーヒーを飲む人

 ・コーヒーを1日3~4杯飲む人――
  1杯未満の人よりも死亡リスクが24%減った。

 ・5杯以上飲む人――
  飲む量が多いほど死亡リスクは減るが、
  3~4杯飲む人の死亡リスクが最も低かった。

コーヒーと死亡リスクの関連――コーヒーに含まれる

 ・クロロゲン酸の「血糖値改善」「血圧調整効果」「抗炎症作用」
 ・カフェインの「血管内皮機能を改善効果」と「気管支拡張作用」

が関わるとみている。

●緑茶を飲む人

 ・飲む量が増えるほど、死亡リスクは低下。

 ・1日に5杯以上飲む人――
  死亡リスクが、「男性→13%」「女性→17%」低かった。

緑茶と死亡リスクの関連――緑茶に含まれる

 ・カテキンの「血圧」「体脂肪」「脂質」調整作用
 ・カフェインの「血管内皮機能を改善効果」と「気管支拡張作用」

が関わるとみている。

一方、がん死亡については、有意な関連がみられないとのこと。
(国立がん研究センターなどの研究なのですが……)

以上、簡単にまとめ。

日本人の死因は「悪性新生物(がん)」「脳血管疾患」「心臓疾患」が
主です。
この中で、脳血管疾患と心臓疾患の死亡リスクを減らせるという
研究結果は有意義ではないでしょうか。

また、昨年のニュースだったと思います。
たしか、「緑茶を飲むと認知症予防に効果がある」というのがありました。

やはり、日本人は緑茶を飲むことが良いのかも知れませんね。

生活の中に、「コーヒーを1日3~4杯」もしくは「緑茶を多く」飲むことを
取り入れ、健康度を上げられるといいと思いました。

関連記事
2015/05/11(月)
レインブーツを新調しました。
「レインブーツ」などと、こじゃれた書き方をしていますが
要するに「長靴」です。
メンズ レインブーツ 完全防水

今まで使っていたレインブーツは、水が染みてきため買い換えました。
買ったのは約3年前、雨の日や雨の予報の日は必ず履いていた
ので、そろそろ寿命かなと。
お店に古い靴を持っていくと、200円引きのチケットがもらえたので少し得に。
その際、店員さんが古いレインブーツを見て「ずいぶん履きこんでますね」と。

これくらい使い込んでいれば、十分、元は取れたでしょう。

数年前から、女性のレインブーツはオシャレなタイプが出回っています。
雨の日はレインブーツの女性を街中で多く見かけますね。

とはいえ、男性用のレインブーツも、最近では会社に履いていけるような
タイプがありますので、一足持っていてもよいのではないでしょうか。

なぜならば、革靴は雨の日にはとても傷む(消耗)するから。
また、雨が染みてくると気持ち悪いし、後の手入れも面倒だと思います。

そういえば当院にて、ちょっと怖い(痛い)話ですが――

雨の日に駅で滑って転んで足首を骨折したという方が
いらっしゃいました。
(立ち上がろうとしたら、足首があらぬ方向に……と)

革靴は靴底がツルツルしたものが、ほとんどだと思います。
脅かすつもりはありませんが、
こうした側面も考慮してもいいのではないでしょうか。

それに朝から雨の日の場合――
靴を選ぶのも億劫になりがちですが、
レインブーツにすれば気分よく出掛けられると思います。

という訳で、ビジネスにもカジュアルにも使えるタイプの
レインブーツはおススメです。

店員さんのお話によると、女性用のほうが売れるので種類も豊富、
ゴム製ではなく合成皮革のタイプも増えているとのこと。
しかし、男性用も認知度が高くなりつつあり、買う方も多いとのことでした。
男性用も種類が増え、選択肢が多くなるといいですね。

個人的には、レインブーツはすでに手放せないアイテムのひとつ。
今回、出番の増える梅雨前にと思い購入しました。

以前と同じ物もあったのですが、こっちのほうが少し安く、
脱ぎやすそうだったのでコチラに。
これから雨の日には活躍してもらいます。
(今後ともよろしく)

注意点は、「完全防水」ですので内側には汗や体温が籠ります。
ですので、「ニオイ」には気をつけましょう。

関連記事
2015/05/07(木)
5月3日(日)の産経新聞の記事。

ムサシノキスゲが見頃 府中・浅間山でフェスティバル
浅間山→せんげんやま。
ムサシノキスゲ 見頃 5月 産経新聞

ムサシノキスゲとは――
かつては、府中市も含む武蔵野一帯に分布していたようですが、
現在、府中の浅間山のみにしか自生していない貴重な花。
毎年、4月下旬から5月上旬にかけてオレンジ色の花を咲かせます。

府中の「郷土かるた」にも
「ムサシノキスゲは五月のかおり」と。
ちなみに、浅間山は「もえる若葉の浅間山」。

記事によると、今年は3日・9日・10日に
「キスゲフェスティバル」が開かれるようで、
当日は、園内植物ガイド、山野草と野鳥の写真展も
無料で行なわれるとのこと。

Iさんのお話によると、浅間山は府中市内の野鳥観察には
とてもよい場所だそうです。ちなみに、多摩川沿いも。

府中市内で、希少種の花を観賞できるチャンス!
ぜひ行ってみてください。

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド