FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2015年04月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/04/28(火)
少し前のニュースですが、
線虫を使ったがん検査に成功
とありました。

なんと、尿の一滴から、高い精度で
がんの有無を判定できるとのこと。

線虫とは簡単に書くと、寄生虫の1種。
検査に使われた種は、体長約1ミリで、
寄生はせず、実験などによく使われるそうです。

この線虫が、がん患者の尿には集まり、逆に健常者の尿からは
逃げる行動をとることが分かったため、これを利用するようです。
その発見確立は95%以上。
また、早期発見にも役立つとのこと。

がん患者には特有のにおいがあることは知られていて、
「がん探知犬」もいます。

今回、使われた線虫は犬と同等の嗅覚を持っているそうです。
犬は訓練が必要だと思いますが、
線虫は必要ない(できない)でしょう。

この線虫を使った、がん検査は

 ・費用が安い(100円~数百円)
 ・簡単
 ・早い(1時間半)

などのメリットがあるとのこと。

現在のがん治療で重要なのは、早期発見・早期治療。
また、日本人の死因トップは、がん(悪性新生物)。

この検査が実用化されれば、がん検査が簡単になるので
受診率が向上し、早い段階から治療に入れますね。
ひいては医療費の削減につながるのでは。

もしかすると、日本人の死因の順位を入れ替える
可能性も……とまでは考えすぎでしょうか。

しかし、まだ課題もあるようで、

・精度の向上
・がんの種類がわからない

とのことですが、特定のがんに反応する線虫は作れて
いるようです。

早ければ、平成31(2019)年にも診断を確立し、
10年後には普及させたいとのこと。

医療技術の進歩はすごいですね。
なお、きっかけとなったのは、アニサキスという寄生虫
(魚のサバなどに寄生)が、未発見の胃がんに
集まっていたことに着目したそうで、こうした「発見」も
重要だと思いました。

ところで、東洋医学には、「聞診」というものがあります。
「聞」という漢字がついていますが、この中には
患者の体臭や口臭を嗅いで診察することも含みます。
昔から、においで異常を判断していたのですね。

現代、病院の治療は西洋医学が主流。
その西洋医学と東洋医学とは対立するものではない
と思います。

良い点を取り入れ合って、治療を受ける側の利益に
つながるといいと思いました。

関連記事
スポンサーサイト



2015/04/23(木)
今年も、くらやみ祭の季節がやってきました。

くらやみ祭にともない、大國魂神社周辺では
交通規制がおこなわれますのでご注意を。

3日・4日・5日・6日と規制がおこなわれます。

写真は今年の規制図↓。
ただ、お祭の日程は同じなので、
同じ規制がほぼ毎年あるのではないでしょうか。

参照にしてください。

※ 上記以外にも規制が行なわれる場合があります。
とありますので、お気をつけください。

ちなみに、バスの通行ルートも変更になる場合も
あると思います。

●3日は、けやき並木と大国魂神社前。
くらやみ祭 2015 交通規制 けやき並木

●4日は、けやき並木と旧甲州街道。
くらやみ祭 2015 交通規制 旧甲州街道

●5日は、けやき並木と、旧甲州街道と府中街道。
くらやみ祭 2015 交通規制 大国魂神社

●6日は、けやき並木と、旧甲州街道と府中街道ですが、
 広く規制される時間が、3時45分~7時30分。
くらやみ祭 2015 交通規制 府中街道

当院付近は、5日の18時30分から12時にかけて、
通行止めになりますね。
来院されるときには、ご注意ください。

関連記事
2015/04/17(金)
昨年、フェルメール作品とされる《聖プラクセディス》
(聖プラクセデス)が落札されたニュースを書きました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

その《聖プラクセディス》、上野の国立西洋美術館に展示してありました。
以前も書きましたが、鑑賞したいと思っていた作品をみれてよかったです。

知ったのは、3月19日の産経新聞にて。
記事を目にしたとき、思わず「えっ!」と声が出てしまいました。
フェルメール 聖プラクセディス 産経新聞

新聞によると、落札したのは日本人で、2014年の秋に
寄託の申し出があったとのこと。

 ・2014年7月に落札
 ・2014年秋に寄託の申し出
 ・2015年3月に公開

こうした流れでしょうか。

絵の解説によると――

プラクセディスは2世紀の聖人で、姉のポテンティアナとともに
殉教者たちを看護し、遺体を埋葬したことで知られている。
ここでは、死者の血を海綿に浸し、壺に集めている様子が描かれていて、
左奥には首を切られた殉教者、右奥には姉のポテンティアナと思われる
女性が描かれています。

たしか、こういう感じだったと思います。
(看護師のさきがけといったところでしょうか。)

それに、フェリーチェ・フィケレッリの同じタイトルの絵を
模写しているそうです。

しかし、まだフェルメール作品と決まったわけではありません。

簡単に書くと、現時点では、絵の署名や科学的調査により
フェルメール作品の可能性があるという状況でしょうか。
ほぼ間違いないのは、オランダでフェルメールが生きていた時代に
描かれた絵画であること。

ということで展示も「ヨハネス・フェルメールに帰属」と。
詳しくは、絵の前に解説のプリントが置いてあったのでそちらを。
聖プラクセディス 聖プラクセデス 国立西洋美術館

プリントには、美術ファンや専門家に実見及び検証の機会を
提供すべく、作品を公開いたします。

と書いてありました。

フェルメール作品であれば、日本にある唯一の作品。
ぜひ、真筆であってほしいです。

とはいえ、作者を決めるのは多数決ではありません。
希望的観測から、いわゆる脳内補正が入り、決めつけないように
するべきとも思いました。

なお、この作品は国立西洋美術館の所蔵作品ではなく、
寄託作品のため、2015年4月現在――

 ・撮影禁止
 ・絵ハガキはない

上野 フェルメール 聖プラクセデス

寄託してくださった方に感謝しつつ、じっくり鑑賞しました。

関連記事
2015/04/15(水)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-281.html
グエルチーノ展 国立西洋美術館 ポスター

展示構成は

 Ⅰ 名声を求めて
 Ⅱ 才能の開花
 Ⅲ 芸術の都ローマとの出会い
 Ⅳ 後期1 聖と俗のはざまの女性像‐グエルチーノとグイド・レーニ
 Ⅴ 後期2 宗教画と理想の追求

(注:「後期1」「後期2」の数字は、丸の中に1です。念のため)

今回、回顧展なので、グエルチーノ作品がほとんどですが、
かかわりのある画家の作品も4点ありました。

それは、「ルドヴィコ・カラッチ」「スカルセッリーノ」と
章タイトルにも名のある「グイド・レーニ」。

グエルチーノは、ほぼ独学で絵画を学びましたが、
カラッチ一族などの絵画を参考にしたそうです。

ですのでカラッチとスカルセッリーノの作品はⅠ章、
レーニの作品は、Ⅱ章とⅣ章にありました。
出品リストには44作品が出ています。

「Ⅱ章 才能の開花」で、自分のスタイルを確立したと。
特色は「自在な筆致」「独特な明暗表現にある」そうです。

《マルシュアスの皮をはぐアポロ》は、トスカーナ大公・コジモ2世の注文とのことで、
フィレンツェのパラティーナ美術館から来ていました(→ウフィツイ美術館展)。

「Ⅲ章 芸術の都ローマとの出会い」――
前回、生涯のほとんどを生まれ故郷のチェントで過ごしたと書きましたが、
ローマに2年半ほど滞在したそうです。

この滞在期間にローマ・バロックの展開に重要な作品を残し、
またこの地の美術から大きな影響を受けた
とのこと。

《聖母のもとに現れる復活したキリスト》は、ゲーテが賛辞を送っていて、
また、ベラスケス(注:スペインの画家)がアトリエを訪問し、
この作品の影響がみられるそうで、重要だと思いました。

Ⅳ章の解説、精神と肉体、聖と俗のパラドックスは
バロック美術の特徴の一つ
とのこと。
覚えておこうと思いました。

この章にあった《スザンナと老人》、この絵以降、グエルチーノは
洗練をきわめた画風へと完全に移行した
とのこと。

会場を少し戻って鑑賞し直しましたが、見る目がないせいか、
あまり違いが分かりませんでした……

グエルチーノとレーニは、お互い高く評価していたが、
同時にライヴァル視していた
そうです。

レーニの作品は、手元にある出品リストをみると

 ・2006年 プラド美術館展《クレオパトラ》
 ・2010年 カポディモンテ美術館展《アタランタとヒッポメネス》
 ・2012年 リヒテンシュタイン展 《マグダラのマリア》

また、カラッチ一族も○○・カラッチの絵画は、いくつか鑑賞していました。

グエルチーノの作品は

 ・2009年 ルーブル美術館展《ペテロの涙》
 ・2010年 ボルゲーゼ美術館展《放蕩息子》

で鑑賞していました。
《放蕩息子》は今回もあり、解説は同じようなことが
書いてあったように思います。

バロック絵画なので宗教画や神話モチーフが多く、
それらにはなじみが薄いため、
解説文が多かったので助かりました。

とても勉強になったように思います。

関連記事
2015/04/13(月)
上野の国立西洋美術館にて「グエルチーノ展」を鑑賞しました。
思ったよりよかったです。
グエルチーノ展 国立西洋美術館 看板

「思ったより」と書いたのは、グエルチーノという画家を
知らなかったため。
期待していた以上によかったという感じでしょうか。

今回、開催されたのは、2つの偶然が重なったからだそうです。

1つめは、グエルチーノの故郷チェントが2012年に大地震に見舞われ、
チェント市立絵画館が甚大な被害を被ったこと。

2015年3月現在、いまだに復旧のめどが立っていないそうで、
地震国である日本も、他人事ではなないと思いました。
なお、展覧会収益の一部は復興に充てられるそうで、
多少はお役に立てたかもしれません。

2つめは、開催の美術館である国立西洋美術館が、
グエルチーノの《ゴリアテの首を持つダヴィデ》を所蔵していたこと。

「芸術新潮 3月号」に、グエルチーノ特集があったので読みました。
また、当日はスライドトークを聴いて、よりよく鑑賞できたと思います。


「芸術新潮 3月号」に書いてあったことや
スライドトークによると――

グエルチーノ(1591~1666):本名は、
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ。

グエルチーノとは、「斜視(グエルチョ)の小男」というあだ名だそうです。

日本ではなじみが薄いが、イタリア・バロックを代表する画家とのこと。

ちなみに、バロックとは「ゆがんだ真珠」といった意味で、絵画では
ルーベンス(→ルーベンス展)などが有名です。

レンブラントやカラヴァッジョと並び称されるほどで、
「天才」という言葉が、芸術新潮にも会場にもありました。

生前から人気が高かったようで、30才に満たず名声を得て

 ・ベラスケスがイタリア旅行中に訪問
 ・フランスやイギリスの王室が王室画家に招聘しようとした
 ・ヨーロッパ中の貴族が、その絵を欲しがった

このようなエピソードがあるとのこと。

にもかかわらず、生涯のほとんどを生まれ故郷のチェントで過ごし、
現在では、チェント市に像が建っているとのこと。

しかし、没後は一時的に評価を落としたそうです。
とはいえ、今までの歴史で忘れ去られたことは一度もないとのこと。

ドイツの文豪ゲーテ(1749~1832)が、グエルチーノの作品を
みるためにチェントを訪れ、そのときの感動を詳細に記していて
彼の筆の軽妙さ円熟さはただ驚嘆のほかはない」と。

また、フランスの小説家スタンダール(1783~1842)は、
最後の大画家」と。

そして、20世紀になって研究が進展し、評価が高まったそうです。
展覧会のサブタイトルにも「よみがえるバロックの画家」。

知らなかった画家を知り、また、天才と評価される画家の作品を
鑑賞できて満足でした。

その2に続く

関連記事
2015/04/09(木)
今年も毎年恒例、「ヤマザキ 春のパンまつり」で、
白いお皿を入手しました。

今年は「白いモーニングディッシュ」。
サイズ:約19cm×約2.9cm
一緒に写っている定規は20cm。
ヤマザキ春のパンまつり 2015

シール台紙には、ちょっと深めのお皿だから、メインディッシュにも
と書いてあり、また、使用例では、
トーストとサラダがひと皿に盛り付けてあります。

忙しい朝の食事などは、このようなひと皿(ワンプレート)で
済ませられると便利ではないでしょうか。

ちなみに――

・2014年:白いフレンチボウル
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-174.html
・2013年:大きなモーニングボウル
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

ウチにある食器は、ほぼ全てがこのようなもらい物(笑)。
それに物持ちはいい方なので長く使っています。

なお、上記のお皿以外にも、パンまつりで入手したものはあります。
このお皿にも長く活躍してもらいますね。

今後ともよろしく。

関連記事
2015/04/06(月)
府中市の公式マスコットキャラクターが決まり、発表されました。
府中市の市制60周年記念事業の一環だそうです。
ここでいう「府中市」は東京都の府中市、念のため。
ふちゅこま ホリプロ 東京新聞 3月31日 画像

記事は3月31日(火)の東京新聞と産経新聞より。

決まった流れは、広報 ふちゅうを見ると――

●1月11日号、「狛犬キャラ」か「馬キャラ」のお披露目。

それぞれ、元AKB48で府中出身の河西智美の協力で、
どこかしらに市の花・鳥・木がデザインされています。
(参考:郷土かるた「梅にひばりに木はけやき」)
どちらかへの投票は1月13日~23日。

狛犬キャラのがま口はハクション大魔王を、それに
首の鈴はドラえもんを連想しました。
また、馬キャラのポーズ、映画『サタデー・ナイト・フィーバー 』の
ジョン・トラボルタのよう(たしか、キン肉マンも……)。

それにしても、連想が古い自分の年齢を感じますね。
狛犬キャラ 馬キャラ 画像

●2月1日号、狛犬キャラに決定。
同時に名前募集(2月2日~2月13日)。

 ◆狛犬キャラ→454票
 ◆馬キャラ→312票

●3月1日号、名前が3つに選定。

 ◆こまちゅう
 ◆ふーこま
 ◆ふちゅこま

投票は3月2日~3月13日。

●3月21日号で、「ふちゅこま」に決定。

 ◆こまちゅう→260票
 ◆ふーこま→101票
 ◆ふちゅこま→358票

こうした経緯で決まりました。
「ふちゅこま」の元ネタは、大國魂神社所蔵の
重要文化財・木造狛犬。

「ふちゅこま」は、自治体の公式マスコットキャラクター
としては全国初。
芸能事務所・ホリプロ所属タレントとして、4月から活動
するとのこと。

産経新聞のほうには、
「ふなっしーに負けないキャラに育ってほしい」との話が
出ています。
ゆるキャラグランプリにも参加するのでしょうか。
「ふなっしー」や「くまモン」と同じくらい有名になって欲しいです。
ふちゅこま ホリプロ 産経新聞 3月31日 写真

大きな芸能事務所に所属なので、市内のイベントはもちろん、
市外でも登場して府中市をPRするのでしょうね。
せっかくなので、しっかりと府中市を内外にアピールして欲しいと
思います。

関連記事
2015/04/03(金)
「府中市防災ハンドブック」が配布されました。

3月31日までに全戸配布するとのこと
(「広報 ふちゅう 3月11日号」より)で、当院
(宮西町4丁目)では、3月30日にきていました。

万が一、配布されていない場合は、防災危機管理課
に連絡するとよいと思います。

前書きによると、やはりというべきか、東日本大震災の
影響から市の防災計画を見直したとのこと。
また、「市」以前に東京都の計画見直しも受けているようです。

計画見直しが昨年1月で、その内容等を踏まえ、今回、
全面的に改訂したと書いてありました(簡単に書いてます)。

なお、府中市の防災対策の基本理念は――
「自助・共助・公助」

 ●自助→市民
 ●共助→自主防災組織、自治会、事業所等
 ●公助→市、防災関係機関

でしょうか。それぞれが連携して、防災力の向上を
推進していくそうです。

この冊子には

 ●市民の方々に理解しておいていただきたいこと
 ●実際に行動に移してもらいたいこと

が書いてあり、それぞれ「大地震編」「風水害編」「知識編」。

「いざ!」というとき、あわてないようによく読んで損はないと
思います。

大地震編によると、府中市で想定される被害は

 ●多摩直下地震→M7.3
 ●立川断層帯地震→M7.4

最大震度はともに震度6強。
(参考:阪神淡路大震災 M7.3 )
これが想定される最大級なのでしょうか。

市内の交通規制や避難場所の確認、
また、家庭内備蓄の「非常持出品」「家庭内備蓄」は
チェックしたほうがよいと思います。

ちなみに、府中市内のホームセンターは「島忠」「コーナン」が
あり、京王アートマンもあります。

「被災者の声」として、実際に被災された
方々の体験談が掲載されていて参考になりました。

風水害編によると、府中市でも浸水被害や
ガケ崩れの危険があるようです。

ひと言で「浸水被害」と書きましたが
「多摩川の洪水」と「内水はん濫」があり、
内水はん濫とは排水不良による浸水のこと。

ガケ崩れの危険があるのは8箇所、
おそらく、市内中心部を東西に横切る
府中崖線(立川崖線)の所では。
ちなみに、この崖を府中では「はけ」といいます。
(郷土かるた:平地と台地はけの道)

昨年も広島県で土砂災害がありました。
ゲリラ豪雨のような局地的な大雨の可能性も
あるので、内水はん濫とともに注意が必要ですね。

知識編には、「防災マップ」「多摩川洪水ハザードマップ」
「内水はん濫マップ」の3つがあるので、お住まいの
地域の危険度を見れます。
やはり、水害の危険は府中崖線(はけ)下のみ。
南町5、6丁目から是政6丁目にかけては、
5m以上浸水する可能性があるようです。

また、府中市の災害対策や自主防災活動のノウハウ
などが書かれていますので、参照になりそうです。
炊き出しには、コチラも参照にしてください(→炊飯袋)。

災害の発生は防げません。
しかし、災害に備えることは可能です。

天災は忘れた頃にやってくる」by寺田寅彦

この冊子を読んで、しっかり備え、
被害を軽減できるといいですね。

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド