FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2014年08月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/08/28(木)
世田谷美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」をみました。

注):「ジャポニム」であって「ジャポニム」ではありません。

世田谷美術館 看板 感想
世田谷美術館は砧(きぬた)公園内にあります。
この公園は、最寄り駅から徒歩15分以上と少し遠く、
お時間に余裕を持って行かれるといいかと(バスもあり)。

それでも、ここは以前、ゴルフ場だったそうで、広々とした芝生もあり、
美術鑑賞のみならず、ご家族でのお出かけにはおススメのスポットです。

今回も、「芸術新潮 7月号」と「家庭画報 8月号」に特集が
掲載されていたので、予習をしてから鑑賞しました。

そもそも、日本が開国してから日本文化が海外に知られるようになり、
「ジャポネズリー」→「日本趣味」というのがあったそうです。

そこから日本がブームになり、「ジャポニスム」とは、
フランスの評論家フィリップ・ビュルティが1872年に使い始めたとのこと。

その後、1878年のパリ万博で最高潮になり、
このときには「もはや狂気である」と。

(100年以上前の「クール ジャパン」といったところでしょうか)

しかしブームには終わりがあり

 ●1895年頃よりかげりが見え
 ●1900年を超える頃にはあっという間に下火に
 ●1905年(日露戦争)には、ほぼ終息

理由は

 1、美意識の変化
 2、日本の急速な経済発展
 3、国際政治における相対的な位置の変化

などがあげられるそうです。

芸術新潮 2014年 07月号 [雑誌]芸術新潮 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/06/25)
不明

商品詳細を見る

家庭画報には
ジャポニスムは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、
絵画のみならず工芸や写真においても、またフランスだけでなく
アメリカにも、大きな影響を与えています


私は浮世絵の影響なくして、
印象派の改革はなし得なかったと考えています


と書いてありました。

モネやゴッホを語るうえで、「日本」は重要な要素ですね。
それに、以前、鑑賞したヴァロットン展↓でも「浮世絵」はありました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

今回、印象派の絵画と、影響を与えたであろう日本の美術が並べて展示してあり、
つながりが分かるようにしてありました。

後ろから顔を出すと《ラ・ジャポネーズ》に↓。
華麗なるジャポニスム展 感想
チラシによると《ラ・ジャポネーズ》、「ここに注目」は5点、
「扇子(せんす)」「かつら」「団扇(うちわ)」「着物」「ござ」

金髪は「かつら」だそうです。

その2につづく

関連記事
スポンサーサイト



2014/08/25(月)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-208.html
その1はコチラ
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
台北 國立 故宮博物院 - 神品至宝 - チラシ
(コチラは本館、主な展示は平成館でした。平成館の写真は撮り忘れました……)

6 中国工芸の精華――天と人の競合

チラシにも出ている《青花龍文大瓶》は、イスラム圏で好まれたそうですが、
形は『ハクション大魔王』の出てくる壺のようで、
好まれたのも分かる気がしました。

このコーナーの刺繍は、織物や刺繍で表現した「染織絵画」というそうです。
乾隆帝期に最高の技術に達したとのこと。

《刺繍仙人図軸》をみて、なぜかジャッキーチェンの映画『酔拳』にでてくる
「酔八仙」を思い出しました。

それに、以前見た《一角獣と貴婦人のタペストリー》もでしたが、
手間と時間がかかっていそうで、まさに「王侯貴族の持ち物」だと思います。

7 帝王と祭祀――古代の玉器と青銅器

このコーナーの文物が一番古い時代のようでした。

《倗祖丁鼎》(ほうそていてい)は、「鼎の軽重を問う」の“かなえ”ですね。
《玉佩》《玉琮》《玉壁》などの「玉」が《翠玉白菜》にも
つながっていくのでしょうか。

8 清朝皇帝の素顔――知られざる日常
9 乾隆帝コレクション――中国伝統文化の再編
10 清朝宮廷工房の名品――多文化の交流

清朝は中国最後の王朝、その皇帝が使っていた品々ですので、
どれも一級品ぞろい、また、歴史の集大成では。

「8 清朝皇帝の素顔――知られざる日常」では、雲上人だった
皇帝の素顔が垣間見みえ、人間らしさがでています。

「硯・筆・紙・墨」は文房四宝、皇帝の執務室にあったであろう、
愛用文具のはず。

硯は墨が凍らないように下から暖める工夫があり、最高級品でしょう。

康熙帝(←名君)の《朱批奏摺》では、地方からの上奏文に自ら朱書きで、
「もうマンゴーは無用だ」と。
(輸送に日数がかかる時代なので、期待したほどおいしくなかったようです)

このなかでも「9 乾隆帝コレクション――中国伝統文化の再編」は
おもしろかったです。

《紫檀多宝格》は皇帝のおもちゃ箱だそうで、乾隆帝がお気に入りの
宝物のミニチュアを作らせ、その全てを中に収めて手元に
置いていた箱とのこと。
うまい具合に整然と収まっていて、
ずいぶんぜいたくなおもちゃ箱だと思いました。

(Sさんによると、《紫檀多宝格》の箱側面にあるヒョウタン形を、
台湾にある書店の入り口が似せてつくられているそうです)

この展示室が《紫檀多宝格》を模したつくりで、鑑賞者は最後に、
その中に身を置くような演出でしょうか。

《人と熊》は、かなり小さかったです。
また、孫過庭《書譜》は王羲之の流れを汲む草書の最高傑作とのこと。

今回は、中国工芸品の最高傑作といえる作品を数多く鑑賞できました。
歴史に名を残す人物の書画や、名は残さずとも
腕の良い職人たちの仕事ぶりを……

まさに「いい仕事してますね」

いつか台湾の故宮博物院に行き、数日かけてじっくり鑑賞したいと思う、
とても充実した展覧会でした。

美術手帖7月号増刊 台北 國立故宮博物院美術手帖7月号増刊 台北 國立故宮博物院
(2014/06/23)
美術手帖編集部

商品詳細を見る

最後に1点だけ――特設サイトが見にくかったのは私だけでしょうか?

関連記事
2014/08/22(金)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
台北 國立 故宮博物院 - 神品至宝 - 国立博物館本館

展示構成は

 1 中国皇帝コレクションの淵源――礼のはじまり
 2 徽宗コレクション――東洋のルネッサンス
 3 北宋士大夫の書――形を超えた魅力
 4 南宋宮廷文化のかがやき――永遠の古典
 5 元代文人の書画――理想の文人
 6 中国工芸の精華――天と人の競合
 7 帝王と祭祀――古代の玉器と青銅器
 8 清朝皇帝の素顔――知られざる日常
 9 乾隆帝コレクション――中国伝統文化の再編
 10 清朝宮廷工房の名品――多文化の交流

古いものは「7 帝王と祭祀――古代の玉器と青銅器」で、
新石器時代の玉器(前4500年~前3000年)からありました
(日本は縄文時代?)。

時代は「宋」「元」「明」「清」のものが多く、9割以上は清時代だそうです。

1 中国皇帝コレクションの淵源――礼のはじまり

青銅器が展示され、
『倣古』:古代の伝統を復活させることで中華の正統な皇帝であることを示す
ここから入ります。
また、青銅器は文明の象徴として尊び~とか、
君主の正当性を象徴する特別な意味がつけ加えられていった
とありました。

導入部は、このあたり(これを持ち、中華文化を受け継いでいるという
意味も含めて)が重要かと。

2 徽宗コレクション――東洋のルネッサンス

解説によると中国芸術の絶頂期、ここはじっくり鑑賞しました。

「汝窯の青磁」は現存するものが非常に少ないそうです。
それに何より、現代の技術でも再現できていません!
それが4つも鑑賞できます!

思わず「あれはよいものだ……」とつぶやきました。

青は「雨過天晴」:雨後のしっとりとした空の色を表すとのこと。

書聖 王羲之(おうぎし)と徽宗の書がみれたのは、とてもよかったです。
(王羲之自身が文字を紙に書いた、いわゆる真跡は現存していません。
現在みれるのは全て後世の写し)

3 北宋士大夫の書――形を超えた魅力

ここでは書道の達人の書が続きました。
ちなみに、赤いハンコのようのものがペタペタ押されていますが、
これは所有者の印だそうです。
(見えない所に押せばいいのに……と思ったのは日本的発想でしょうか?)

書道に興味がなくとも、漢字圏の人間として、このような名品を
じかに鑑賞できたのはうれしいかぎりです。

4 南宋宮廷文化のかがやき――永遠の古典

ここにあった「李嵩筆」《市擔嬰戯図頁》(したんえいぎずけつ)には、
なんと500件もの品が描き込まれていて、驚くべき神技との解説。

このコーナーで展示してある絵(図軸)について、
唐時代の顔料を多用した山水画を「青緑山水」と呼ぶそうですが、
現存作品は十指に満たない貴重な作品とのこと。

それに、技法が日本に伝来し「やまと絵」となり、日本画の源流となったと。
ほかに、水墨画の発生を解き明かしてくれる貴重な作品だそうです。
後者は、このあとの「5 元代文人の書画――理想の文人」に関連する部分。
この時代には青緑山水が衰退し、水墨画が全盛となったそうです。

その3に続く

台北国立故宮博物院と中国美術の至宝 (洋泉社MOOK)台北国立故宮博物院と中国美術の至宝 (洋泉社MOOK)
(2014/06/23)
宮崎 法子

商品詳細を見る

関連記事
2014/08/20(水)
上野の国立博物館で「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」を鑑賞しました。
とてもよかったです。

注:)「國立故宮博物」です。「故宮博物」ではありません。

直前にゴタゴタして、一時は開催が危ぶまれましたが、
無事に開催されて本当によかったと思います。
関係者の尽力に感謝!
故宮博物院展 チラシ 抗議
ゴタゴタした原因は、チラシの左(新)右(旧)の違いにあります。

今回の目玉、《翠玉白菜》(すいぎょくはくさい)は予定が合わず、
みれませんでした。

とはいえ、《翠玉白菜》の待ち時間は、なんと最大で
4時間あったようですので、行けたとしても見れたかどうかは
疑問です。

展覧会の開催は6月24日(火) ~、そして7月3日(木)午後に
来場者10万人に達したようですので、その人気が分かりますね。
当院に来て頂いている、台湾大好き・Sさん(台湾ビールを頂きました)の
お話によると、本家でも《翠玉白菜》のために1時間くらい並ぶとのこと。

とすると、東京会場には来ていなくて、九州会場のみで展示される
《肉形石》(にくがたいし)の待ち時間も想像がつきます(想像したくありませんが……)。

さて、そもそも、「台北 國立故宮博物院」としている訳ですが、
「故宮博物院」というのは、中国本土の北京市にもありますね。

当時、皇帝が住んでいた「紫禁城」、ここを「故宮」とも呼ぶそうですが、
ここにあった皇帝の所蔵品を、戦火を避けるために移動し、
紆余曲折の末、最終的に台湾に上陸させたことが、その由来だそうです。

時代は、だいたい映画『ラストエンペラー』の頃でしょうか。
おそらく全ては運び出せず、また途中、散逸してしまった文物も多いはず。
(モッタイナイ……)

そうした中、台湾に運ばれた69万点以上の皇帝の所蔵品があるのが
「台北 “國立”(←ココ重要)故宮博物院」のようです。

世界史の授業で習ったように、中国では国(王朝)が、
出来ては滅びを繰り返していました。
そのため、中華文明の継承者、中華圏を治める最高権力者の証として、
歴代王朝の文物を残し、保存してきたようです。

こうした経緯で受け継がれてきた「皇帝の所蔵品」、という訳で
どの文物も、それぞれが時代の文化を代表する傑作揃い。

会場にあった新聞の号外にも

 ・中華文明の真髄 上野へ(毎日)
 ・中華の粋 悠久の輝き(朝日)

チラシには

 ・中国文化の結晶ともいうべき名品

つまり、「中国四千年の歴史w」を凝縮した上澄みを鑑賞したように思います。

なお、この展覧会と同時に、「国立博物館 東洋館5室」での特集
「日本人が愛した官窯青磁」も一緒に鑑賞するとよいと思います。
故宮博物院展 官窯青磁

コチラでは、中国から伝来して日本にある「青磁」が展示してあります。
遣隋使や遣唐使の時代、あるいは、もっと以前から摂取してきた中国文化が、
どのように日本文化に影響を与えたかの一端がわかるのではないでしょうか。

特に

 ・青磁下蕪瓶(せいじしもかぶらへい)→国宝
 ・青磁輪花碗 銘 馬蝗絆(せいじりんかわん めい ばこうはん)→重要文化財

は見る価値があると思います。
後者はマンガ『美味しんぼ』にも出てきました。

その2につづく

関連記事
2014/08/18(月)
今年も遅くなってしまいましたが、毎年恒例・夏の文庫本フェアの
小冊子をもらって来ました。
夏の文庫本フェア小冊子

去年のはコチラ
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

遅くなったせいか、すでに無い書店もあり、
全部、手に入れるのに、少々、手間取りました。
(この年になっても、こういう失敗するのは恥ずかしい……)

各社、「表紙」にこだわっているのでしょうか?

集英社文庫は数年前から、少年ジャンプなどのマンガ家が
描いたカバーイラストです。
今年の冊子は、「『るろうに剣心』特集」のような感じですね。

角川文庫は以前から、手ぬぐいや風呂敷のようなカバーがありました。
今年は「プレミアムカバーコレクション」という、
パステル色のカバーがあります(夏のフェア限定?)。
本自体も、女性向けのように思います。

新潮文庫は、「この夏しか手に入らない保存版プレミアムブックカバー」。
見ると、手帳の表紙のような重厚感があります。

この中から読んでみたい本は

 ●角川文庫:『怖い絵』
 ●集英社文庫:『残酷な王と悲しみの王妃』

後者のカバーになっている絵画は、
ベラスケスの《ラス・メニーナス(女官たち)》。

このほか、『思い出のとき修理します』(集英社文庫)も気になります。
高級な機械式時計は持っていません。
しかし時計はわりと好きなほうなので。

今年(かなり遅いけど……)は、このどれかにしようと思います。

関連記事
2014/08/15(金)
府中駅構内にあるカレーショップC&Cで、オムカレーを食べました(550円)。
C&C オムカレー

C&Cは京王線沿線に多くありますが、このオムカレーは店舗限定のようです。

府中店は、まず、店内に入るとレジでカレーの辛さなどを選び、お金を払います。
(お店によっては、券売機の所もあったと思います)

席についてしばらくすると、注文したオムカレーが運ばれてきました。

う~ん、カレーの香りは食欲をかきたてますね!

ライスは、ふつうの白いご飯(少し写ってます)、チキンライスではありません。
(もっとも、チキンライスにカレーだと変でしょうか?)

いつもは中辛を頼むのですが、今回は辛口を。
個人的にはコレが正解!
ふわふわとろとろのオムレツが、辛さをマイルドに……。

「カレー」と「タマゴ」のとり合わせは、合うものだと思いました。

おいしかったです。

ちなみに、「あいぼりー」持参で、サラダはサービスでした。
また、ラッキョウと福神漬けは無料サービスで卓上にあります。

次は、オムハヤシライスもあるので、コチラを食べてみたいと思いました。

最初に書いたように、C&Cのオムカレーは店舗限定
府中に来たときには、食べてみるのもいいと思います。

関連記事
2014/08/11(月)
Sさんから、クリアファイルを頂きました。
ありがとうございます。府中市のクリアファイルですね。
府中市クリアファイル商工まつり

8月8日・9日・10日と、大國魂神社でおこなわれていた
「商工まつり」で配っていたものとのこと。

(今年の商工まつりは、10日の最終日が台風11号のために
中止になったようです。残念……)

また、以前の当ブログ↓で、クリアファイルについて書いてあったことを
思い出し、頂いてきてくださったそうで、誠にありがとうございます。
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

仕事の書類を入れておくのに使えるので助かります。

そして、その中に入っていたチラシ、「ヘルプカード」についてがありました。
ヘルプカード府中市

ヘルプカードとは――
障がいのある人が普段から身につけておくことで、
緊急時や災害時、困った際に、周囲の配慮や手助けを
お願いしやすくするものです。
ヘルプカードを提示された場合は、
記載内容に沿った支援をおねがいします。


それと裏面には――
聴覚障がい者や内部障がい者のように、外見では障がいがあると
わからない方も手助けを必要としている場合があります。
障がいのある方が安心して暮らすために、
地域のみなさんのご協力をお願いします。

さらに、コチラは7月3日の読売新聞の記事
ヘルプマーク読売新聞記事

義足などを使っている人や、内臓などに内部障害を持つ人らが、
公共交通機関で周囲の配慮を受けやすくするための「ヘルプマーク」が、
今月から多摩モノレールで導入された。

 外見からは障害などが分かりにくい人を対象とした都独自の施策。

赤地に白抜きのマークはカードほどの大きさで、カバンなどに取り付けられる。
多摩モノレールの駅務室などで対象者に配布しているほか、
車内の優先席にステッカーを掲示し、周知を図る。

ヘルプマークは、2012年から都営大江戸線で導入が始まり、
現在は都営地下鉄のほか、都バスや都電で導入されている。
都福祉保健局によると、これまでに約4万5000個が配布されているという。


この記事では「ヘルプマーク」で、そのマークが
上記の「ヘルプカード」の中にも描かれています。

記事にあるように

 ・都独自の施策
 ・2012年から

ですので認知度が低いかも知れません。

このようにチラシを配布したり、新聞に取り上げられることで
少しずつでも広がっていくといいですね。

ヘルプカードのことは新聞に掲載されていて、
デジカメで撮っていたのですが忘れていました(汗……)。

今回、クリアファイルを頂いてうれしく思います。
それに「ヘルプカード」と「ヘルプマーク」について書けました。

Sさん、誠にありがとうございました。

関連記事
2014/08/07(木)
「府中Walker」というムックが発売されたとのことで、
購入しました。


今後のために書いておきますと、発売は2014年7月末か8月初旬。
府中駅改札前に特設コーナーがあり、大々的に売っていたそうです。

(Mさん、情報提供ありがとございます)

以前は無かったので、今回、初めて出版されたと思います。
値段は900円+税。

こうした地元の本(ムック)が出ると、なんだかうれしい。

表紙は、府中市出身で「府中市市民栄誉賞」を
受賞している、澤穂希さん(国民栄誉賞も受賞してます)。

インタビューが載っています。

また、府中市在住の漫画家・板垣恵介氏と、
芸人・バッファロー吾郎の対談も掲載。

そして、本の内容は

 ・穴場スポット
 ・歴史トリビア
 ・料理店
 ・地元ランキング50

などが紹介されています。

また、「親子で行ける遊び場」が紹介されていて、
府中市はファミリー層は多いので、参照にできます。

府中駅のほかに「各駅ぶらり散策」とありますが、
市内の全駅は出ていません。
武蔵野台駅、多磨霊園駅、府中本町駅、西府駅は出ていませんが、
これらの駅が最寄の場所は紹介されています。

「大人の社会科見学」として、地元の企業がピックアップされています、
しかし、どこも見学ツアーは無しです(笑)。

府中市の救急ガイドとして、主要な医療機関の電話番号もあって便利。

このほか、最後のページに「クーポン券」があるので、ご利用ください。
(利用期限:2015年7月31日)

読んでみると、なかなかおもしろく「へー、こういう場所もあったんだ~」と
新しい発見などもありました(灯台下暗し?)。

明日から大国魂神社で、商工まつりも始まります(8月8日・9日・10日)。
詳細はコチラ↓
http://www1.tama5cci.or.jp/chamber/maturi/

この本を手に府中市に遊びに来て、商工まつりを楽しむのもいいと思います。

当院に、置いてありますのでご覧ください。

関連記事
2014/08/04(月)
京王線・井の頭線の通勤定期券1枚で、新宿駅と渋谷駅の両方で
乗り降りができるようになります。

その名は「どっちーも」。
どっちーも京王線定期券新宿渋谷

現在の定期券の場合――
仮に府中駅から新宿駅までの定期券を持っていたとします。

2014年現在、「府中駅→新宿駅」「府中駅→渋谷駅」
の定期券は同じく1ヶ月10,460円。

しかし、明大前駅で乗り換えて渋谷駅で降りたときには、
明大前駅から渋谷駅までの運賃(133円)がかかります。

これが、料金をプラスした定期券を買うと両方の駅で乗り降りできます。

その金額は

 ・1ヶ月定期券→1,000円
 ・3ヶ月定期券→2,850円
 ・6ヶ月定期券→5,400円

ひと月に何回使うかによりますが、持っていると利用範囲が広がり、
便利になると思います。

ただし、下車できるのは新宿駅もしくは渋谷駅のみ、
途中駅での乗り降りは普通運賃がかかるようです。

ちなみに、山手線の「新宿駅~渋谷駅」は
「ICカード:154円」「切符:160円」

以前、この定期券の愛称を決める投票がありました。

 ・プラスone(ワン)パス
 ・どっちーも
 ・デュアルパス
 ・よりみち定期券
 ・2WAYパス

この中から、「どっちーも」が選ばれたようです。

(確か10年以上前、ドコモで携帯電話とPHSの両方が使える端末があり、
この名前が「どっちーも」だったと思います。カタカナ表記だったかな?)

発売日は2014年9月1日(月)からで、PASMOの通勤定期券のみ。
一度買えば継続して買えるようです。

注)

 ・9月1日以前に発売はしない
 ・他社線との連絡定期券については京王のみの発売
 ・磁気定期券と通学定期券は発売しない
 ・初めて「どっちーも」を購入する場合は、新規購入のみ
 ・有効期限内の定期券を「どっちーも」に切り替えることはできない


「どっちーも」のことは、京王ニュース8月号に載っていて、
駅のラックにはチラシも置いてありました。

詳しくは「京王 定期」で検索するなどしてお調べください。

定期券1枚で、新宿・渋谷の両方にアクセスがよくなり、
仕事にプライベートにと、便利に活用できるといいですね。

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド