FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2014年07月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2014/07/30(水)
前回の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

今回のヴァロットン展の作品数は、油彩・木版ふくめ全134点。
ヴァロットン展 チラシ

展示構成

 1章 線の純粋さと理想主義
 2章 平坦な空間
 3章 抑圧と嘘
 4章 「黒い染みが生む悲痛な激しさ」
 5章 冷たいエロチズム
 6章 マティエールの豊かさ
 7章 神話と戦争

1章では、アングル(ドミニク・アングル)への傾倒とありました。
《トルコ風呂》が顕著かと。

2章は、まるで夢の中で見る映像のように、
非現実的で超自然的な空間が与えられている
と。

3章では「見世物」のごとき場面を、まるでのぞき見でもするかのように
一定の距離を保って客観的に描きだした
そうです。

4章は、木版画のコーナー。
《怠惰》という作品は傑作だそうです。
社会批判が隠されている、また、
「死」をテーマにした作例が多いとのこと。

この時代の画家らしく、浮世絵の影響を受け、コレクションしていたそうです。

5章では、女性に対する賛美と嫌悪が現れているとありました。
(家庭的には恵まれていなかったそうです……)

6章は、「被覆と露出」の二重性に注目。
ここまで鑑賞して、ヴァロットンはお尻が好きなのかなと思いました。

7章、古典的主題を現代のパロディに仕立て上げ、
サロンの絵画を風刺しようとした
そうです。
わざとヘタに描いているようにみえました。

《竜を退治するペルセウス》の「竜」は着ぐるみのようで、
また、女性のスタイルも悪く描いていると思いました。

今回は色々な絵画を(木版画も)鑑賞できておもしろかったです。

ヴァロットンは、物事を斜めから見る人だったのかなと、
それに、感情的にならず冷静に仕事をしていたのかなと思いました。

【追伸】

「三菱一号館美術館 静嘉堂の東洋陶磁コレクション」
というのも同時に開催されていました。

(三菱つながりですね)

三菱一号館美術館 静嘉堂の東洋陶磁コレクション
中国は清の時代に作られた磁器が展示してありました。
それも、17~18世紀の最盛期に景徳鎮で作られた磁器です。

そのうえ、かつての三菱財閥が集め、残したものですから、
質のよいものなのでしょう。

10点のみでしたが、鑑賞できてよかったです。

関連記事
スポンサーサイト



2014/07/28(月)
テレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」の
コーナー「出張!なんでも鑑定団in府中」。

この公開番組録画がおこなわれます。

「広報 ふちゅう 7月21日号」に掲載されていました。
府中市の市制60周年記念だそうです。
(Yさん、情報提供ありがとうございます)
広報ふちゅう 7月21日号

ということで

 ●鑑定してほしい「お宝」
 ●観覧者

を募集しています。

公開番組収録の日時

●11月30日(日)午後1時~3時

場所:府中の森劇場

 ■お宝募集

▽対象 11月30日(日)の収録に参加できる方

▽申込 9月19日(金)まで(必着)

用紙などは、市の施設から入手できるようです。
また、市のホームページからもダウンロードできるとのこと。

 ■観覧募集

▽費用 無料

▽定員 400人(抽選)

▽申込 10月15日(水)まで(当日消印有効)

詳細は、政策課市制60周年記念事業担当へ。
TEL:(042)335-4096

Yさんともお話しましたが、府中市は武蔵野国の国府が
置かれて以来、発展してきた古い街……

府中市で配布されていた「郷土かるた」には
『いちばんはじめに武蔵の国府』というのがあります↓。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

ちなみに、東京スカイツリーの高さは634メートル。
由来は「634(む・さ・し)」のゴロ合わせだそうです。
(ほかの理由や意味もあると思いますが)

また、府中市は江戸時代には甲州街道の宿場町として栄えました。

それに、小説『燃えよ剣』には、「畑(田んぼだったかも?)を耕すと、
分倍河原の合戦のヨロイが出てくる」のように書いてありました。

こうしたことから、なかなか興味深いものが出そうだとお話しました。

どのようなものが出てきて鑑定されるのか? 
また、どんな値段がつくのか楽しみです。

「広報 ふちゅう 7月21日号」には、放送日は掲載されていませんでした。
放送日がわかり次第、書こうと思います。

部屋にテレビないので、TV放送はみれないのですが……(笑)

【12月4日 追記】

「なんでも鑑定団 府中 放送日」は↓
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

関連記事
2014/07/24(木)
東京駅は丸の内方面にある、三菱一号館美術館で開催の
「ヴァロットン展」に行きました。
ヴァロットン展 三菱一号館美術館

回顧展なので、“ほぼ”ヴァロットン作品のみ。

“ほぼ”と言うのは、ヴァロットンは「ナビ派」なので、
ナビ派のドニなどの作品も少しありました。

ヴァロットン(1865~1925)については、以前のカイユボットと同じく、
「○○美術館展で、時々、作品がある」くらいの知識しかなかったので、
今回、鑑賞できてよかったです。

カイユボット展の記事
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-130.html
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

ちなみに、手元にあるリストをひっくり返して調べたところ、
みたことのあるヴァロットン作品は――

◆2009年(bunkamura)「ロートレックコネクション」
 ・《街頭デモ》
 ・《信頼》
 ・《おしゃべり》
 ・《プピニエールのポスター》

◆2010年(bunkamura)「ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景」
 ・《水辺で眠る裸婦》
 ・《家とアシのある風景》

◆2010年(国立新美術館)「オルセー美術館展 2010 ポスト印象派」
 ・《自画像》
 ・《化粧台のミシア》
 ・《ボール遊び》
 ・《夕食、ランプの光》

今回のチラシ絵は《ボール》で、このときの《ボール遊び》

◆2010年(世田谷美術館)「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」
 ・《5人の画家》
 ・《日没、オレンジ色の空》
 ・《浴女のいる風景》
 ・《水差しとキズイセン》
 ・《肌着を持つ女》

この時は「第5章 ヴァロットンとスイスの具象絵画」と、
ひとカテゴリー設けられていました。
また、ヴイヤールの描いたヴァロットンの絵もありました。

◆2012年(国立新美術館)「大エルミタージュ美術館展」
 ・《アルク=ラ=バタイユ風景》

思ったよりも、多く鑑賞していました(ほかにもあると思います)。

チラシから引用――

 ・見どころ1 パリで31万人は熱狂。知られざる画家、日本初の回顧展。
 ・見どころ2 解けない謎のように重層的な作品群
 ・見どころ3 当館のグラフィックコレクションから選りすぐりの約60点を公開

また、「外国人のナビ」と呼ばれ(ヴァロットンはスイス人)
前衛芸術の渦中にいながらも独自の道を辿ったとのこと。

それに、油彩画の他、挿絵、批評、演劇まで幅広い芸術の分野で活動し、
20世紀以降の様々な芸術流派にも影響を及ぼしたと。

解説によると、ヴァロットンは木版画復活の立役者で、
冷淡な表現の裏に炎のような情熱を秘めていたそうです。

関連記事
2014/07/21(月)
Uさんに、「一筆箋」を頂きました。
ありがとうございます。
一筆箋 府中伊勢丹

府中の伊勢丹で配っていたもので、
また、以前、当院のブログに一筆箋が書いてあったことを
思い出して頂いたそうで、誠にありがとうございます。

その記事はコチラ
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

読んで頂き、ありがとうございます。

「伊勢丹 府中」とアルファベットで書いてありますので
これは、伊勢丹府中店限定でしょうか?

「18TH」とあるので、府中に伊勢丹ができたのは18年前ということ
だと思いますが、もうそんなに経つのですね……

また、「コトバアソビ」と書いてあり、
「うまくいく」→「馬九行久」と。

九頭の馬が九の運「勝負運、金運、出世運、家庭運、
恋愛運、健康運、商売繁盛、豊漁豊作、受験合格」を運びます。
「うまくいく」とどこまでも。

と書いてあります。

ということで、9頭の馬が印刷されています。
1頭は、ニンジンを食べていて、また、
1頭は、スケボーに乗っていますね(笑)。

(午年だからでしょうか?)

紙は和紙で罫線入り。

こうした縁起物を頂けるのはうれしいですね。
仕事上、一筆添えるときなど、縁起物の一筆箋はとても重宝します。

「ここぞ!」というときに使おうと思います。
ありがとうございました。


関連記事
2014/07/18(金)
7月16日発行の「あいぼりー 85号」を入手しました。

今号の特集

「野菜パワーをもらおう! ワンダフル・ベジライフ」

ということで

 ・京王線沿線で作られている野菜
 ・新鮮な産直野菜が買える市場
 ・野菜たっぷりのお料理が食べられるお店
 ・家庭菜園の始め方

など、野菜の魅力が様々な角度から紹介されています。

その地元の野菜が買える場所は

 ・千歳烏山 ファーマーズ マーケット
 ・調布 グッド フード マーケット
 ・京王多摩川 アンジェ de プチマルシェ
 ・京王八王子 道の駅 八王子滝山

が掲載されています。

今号に掲載されてはいませんが、府中にも、
府中市内で作られた野菜の直売所はあります。

 ・府中特産品直売所
 ・郷土の森観光物産館

大きい場所では、この2ヶ所があります。

(府中特産品直売所は、以前、けやき並木沿いにありましたが、
再開発の影響で、第2庁舎の1階に移転しました)

また、フォーリス内のさくら市場館にも扱いがあります。

(他に扱いのある場所があったら教えて頂きたいです)

話を「あいぼりー」に戻します。

このほか、野菜料理のお店が4店。

府中のお店は掲載されていませんでした。
あれば教えてください。

また、プチ家庭菜園作りの方法とコツが掲載。

そもそも、ベランダは野菜にとって過酷な環境だそうです。
それで、注意するのは「光」「土」「肥料」とのこと。

野菜作りは根気が大事。のようですので、
「失敗は成功のもと」とするべきなのでしょうね。

「初心者にもおすすめ野菜」もありますので、参考にしてください。

ベランダ以前に、「キッチン菜園」というのもできるようです。

コップ&コンテナで すぐできるおうち野菜コップ&コンテナで すぐできるおうち野菜
(2011/09/27)
やさい畑編集部

商品詳細を見る

あいぼりー掲載のコチラ↑を参照に。

沿線のレストランを紹介するコーナーは「カレー」特集。

「カレー大好き!」という方は多いと思います。
また、ラーメンと並んで食べ歩きする方もいるのでは?

5店舗掲載されていて、読者特典もありますので、
あいぼりー片手に行ってみてはいかがでしょう。

毎号のことですが、当院に置いてありますので、ご覧ください。

関連記事
2014/07/15(火)
本日、7月15日のニュース。

総務省消防庁は15日、13日までの1週間に熱中症で
救急搬送されたのは2357人だったと発表した。
前週の2・3倍で、65歳以上が46・6%を占めた。
死者は3人だった。台風8号の通過後、最高気温が35度以上の
猛暑日や30度以上の真夏日を各地で記録したことが要因とみられる。

 都道府県別では、埼玉の176人が最も多く、東京都161人、
神奈川145人、愛知135人、大阪134人、福岡106人。
日別では大雨から一転して全国的に気温が上がった11日が
前日の4・6倍となる488人、12日は586人と急増した。
同庁は「室温が28度を超えないようエアコンや扇風機を上手に使い、
こまめに水分補給することが大切だ」と注意を呼びかけている。


コチラは、東京都の広報6月号。
広報 東京都 6月号

記事によると、東京消防庁管内では、
昨年6月~9月に熱中症(疑いを含む)により
4,463人が救急車で搬送されました。
そのうち4割以上が65歳以上の高齢者でした。
特に梅雨の合間に突然気温が上昇した日や
梅雨明けの蒸し暑い日などは注意が必要です。


今回のニュースにも、ピタリと当てはまる部分もありますね。

そろそろ、梅雨明けも近いはず、
さらに、気をつけましょう。

天候の変化に、体がついていかない時期が危ない
という面があると思います。

同じく、広報によると

 ●早めにこまめに水分補給しよう
 ●部屋の中は風通し良くしよう
 ●帽子や日傘で日差し対策しよう

とあります。

こうした点に注意して、
熱中症の予防対策を心がけましょう!

関連記事
2014/07/10(木)
7月9日(水)のニュース。

オランダの画家ヨハネス・フェルメール(1632~75年)による
最初期の作品の一つとされる「聖プラクセデス」が8日、
ロンドンのクリスティーズで競売にかけられ、
624万2500ポンド(約10億9000万円)で落札された。


「10億円」という金額は、もちろん大金。
(11億円のほうに近いですが)
しかし、「フェルメール作品のわりには、思ったより安いな」
と思いました。

というのも

 ●フェルメールの人気
 ●フェルメール作品の少なさ(40点弱)

などを考えると、もっと値段が上がってもよいのではないかと。

とはいえ《聖プラクセデス》、この作品はフェルメール作品ではないと
する研究者もいるようですので、手を出さなかった人がいたのでしょうか。

なぜ、フェルメールは人気があるのか?

 ●謎が多い(顔も分かってない)
 ●作品数が少ないため、すべての作品を観れる可能性がある

このあたりがあるのでしょうか?

フェルメールに関する本は、日本でも多く出版されていますね。

ちなみに小説『ハンニバル』にも名前が出てきます。

レクター博士が収監されていた病院、(もちろん、普通の病院
ではありません。異常犯罪者用の病院)
そこの用務員・バーニー。

「あなたはおそらく、レクター博士がまた
国中の話題になるのを待っているのよね。
いったい、あなたの望みは何なの、バーニー?」
「死ぬ前に、世界中に散らばっているフェルメールの絵を
残らず見ることでしょうか」
「あなたをフェルメールにのめりこませたのはだれか、
訊くまでもないわね?」

(小説『ハンニバル』 上巻 P162)

そして下巻になると、バーニーが見たフェルメールの絵は
全体の四分の一に達します。

しかし、ある事情から一点を見逃してしまいます。
この一点が、ついに見ずに終わった唯一のフェルメールに。
(命のほうが大事ですから……)

さらにちなみに、少年ジャンプのマンガ・通称『こち亀』。

これにも両さんが、中川らの力を借りて世界中を飛び回り、
フェルメール全作品を観るというお話があったように思います。

(詳しい方、教えてください)

今回、ニュースを読んで自分で鑑賞したフェルメール作品を、
改めて数えたところ――「16点」でした。
今回の作品を含め、いずれ全作品を鑑賞できればと思います。

関連記事
2014/07/06(日)
Sさんから、「台湾のビール」を3本も頂きました。
台湾旅行のお土産とのことで、とてもうれしいです。

ありがとうございます!
台湾ビール お土産

写真、左から

 ・パイナップル味
 ・ふつう味?
 ・マンゴー味

まず、「啤酒」→「ビール」、それから
「鳳梨」→「パイナップル」「芒果」→「マンゴー」と読むそうです。

「啤」の字は、どうやっても出せなかったのでコピペしました。
(PCでの出し方、どなたか教えてください)

フルーティーな味のビールなのでしょうか?
果汁が「5%」入っています。

それに、アルコール分は「2.8%」。

日本の缶ビールは、「5%」くらいが多いようですので、
ややアルコール度数は低めでしょうか?

缶は大きさからして、サンゴー缶かと思いきや「330ml」。

海外のビールを飲むのは、
「スペイン」「ポルトガル」「中国」に続いて4ヶ国目。

おっと、ここまで書いて、「バドワイザー」「ハイネケン」「ギネス」などの
海外ビールも飲んだことがあるのに気づきました。

それから、かなり前のこと、上野でムンク展に行ったときに、
「ノルウェービール(銘柄忘れました)」を飲みました。
「トナカイのサラミ」をつまみに。

(思ったより飲んでいました)

海外のものを飲んだり食べたりするのは、とても楽しいですね。
見聞が広がり、人生が豊かになります。

取説好きなので、缶の文字やデザインをいつまで見ていても飽きません。

フルーツ味、そのうえアルコール度の低いビールなので、
グビグビ飲めそうです。

しかし、とても貴重なものですので、よ~く味わって頂きます。

パッケージもレトロな感じで、
飲み終わったあとの、缶を捨てるのもモッタイナイ気が……

とても貴重なものを、3本もありがとうございました。

関連記事
2014/07/02(水)
前回、府中のオリジナルナンバープレートについて書きました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-191.html

それが掲載されていた「広報 ふちゅう 6月11日号」に、
今年の東京競馬場花火大会についても、書いてありました。

今年は府中市の東京競馬場花火大会は7月20日に開催です。

市制施行60周年記念で、メッセージ花火を募集したようです。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/sisei60/smessagehanabi.html
 
 ●打ち上げ数:20発
 ●費用は3万円

※花火大会が中止となった場合、費用の返金はありませんとのこと。

7月に入ってからブログに書こうと思っていたので、申込期限は6月25日と、
過ぎてしまいました。

「広報 ふちゅう 7月1日号」によると

  ●開催時間:19時20分~20時(荒天中止)
  ●入場無料
  ●花火6,000発

「荒天中止」ということは、雨天ではなくとも中止になる
可能性があるのでしょうか?

当日にならないとわかりませんね。

当院に来院される方から、家のベランダから見ることを、
毎年、楽しみにしているというお話も伺います。

「府中の風物詩」と言ってもいいのでは?
いつまでも続けてもらいたいと思います。

都合をつけて、ぜひどうぞ。

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド