FC2ブログ

府中市役所西整体院のブログ2013年12月

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2013/12/30(月)
今日で当院の今年は終わりとなります。

終わってみると

「色々あったけど、今年も、もう終わりか」

という感じです。

今年から始めたこのブログも、多くの方に読んで頂き、
そして、来院頂きまして、誠にありがとうございました。

多くの方から「ブログネタ」を提供してくださったり、
「ここ疑問に思った」など、話して頂いたおかげで、
より内容がふくらみ、改善しました。

ブログを書き始めて良かったと思います。

読み返してみると、改めて
「当院や自分は、多くの方々に支えられている」と実感しました。

とはいえ、まだまだ自分の考えや、せっかくの情報を
書ききれなかったり、「頂き物」への感謝の気持ちを
伝えきれてなかったのでは、と不安に思います。

「読んで良かった」と思われるような内容にしていきたい
と思いますね。

来年は、何事に対しても向上心を持ち、経験や知識を積み重ねて
行こうと思っています。

最後になりましたが、当院に来院いただいた方々、
当院関係者の皆様に心より感謝致します。

関連記事
スポンサーサイト



2013/12/26(木)
2014年の消費税増税に伴い、京王線の運賃も上がるようです。

駅に「注意書き」が貼ってありました。

今回の改定で注意していただきたいのは、
同じ距離でも切符とICカードで料金が異なるということ。

現在、京王線の初乗り運賃は「120円」

これが

 ・ICカード「124円」
 ・切符「130円」

になります。

つまり

 ・ICカードの場合は1円単位
 ・切符や定期券の場合は10円単位

新宿から府中は「270円」ですが

 ・ICカード「278円」
 ・切符「280円」

通勤定期「大人1ヶ月」は、10,210円→10,460円。

詳細は京王線のサイトで
http://www.keio.co.jp/index.html

交通費が、少し安くなるならば、
これからパスモやスイカなどのICカードが売れるかも知れません。

また、3月頃はタダでさえ売れる時期だと思います。

これから先、ICカードが品薄になる可能性もありますので、
ご購入を考えている方は、早めにしたほうがよいと思います。

【2014年3月10日 追記】

「京王ニュース 特別号」が駅に置いてありました。
こちらも参照にしてください。

関連記事
2013/12/24(火)
12月23日のニュース

2014年度から、健康作りに励んだ人に
「割引券」「金券」に交換できるポイントをもらえる制度の
モデル事業を、総務省と厚生労働省が始める。


対象は、健康保険組合や市町村国保の加入者約100万人。

希望者に
「通信機能付きの体重計」や「スマートフォンと連動する歩数計」を
使ってもらい、健康状態が改善していれば「ヘルスケアポイント」が
もらえるとのこと。

このポイントは、地元の商店で使える「割引券」や「金券」と交換できる
ようです。

狙いは、生活習慣病を予防して、医療費を抑える

以前、書きましたが、医療費は高騰しています。
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

先日のニュースでは

糖尿病疑いのある人は推計2,050万人

前回2007年の調査より、160万人少ないそうです。

しかし……

 ・糖尿病を強く疑われる人は60万人増加で過去最多
 ・病気の可能性を否定できない(糖尿病予備軍)は220万人減少

いわゆる「メタボ検診」で健康意識が高まって(あくまで分析)、
糖尿病予備軍は減少しましたが、
糖尿病が強く疑われる人は増加し過去最多です。

こうした制度が導入されたら活用して、さらに健康度が高まると
いいですね。

ただ思うのは、確かに努力して「割引券」「金券」をもらう人もいるでしょう。
(ニンジン作戦!)
それを使って少しは経済も回るでしょう。

こうしてみると「一石二鳥」にみえます。

しかし、この制度には健康に問題無い人には何の「得」もありません。

多少の不公平感はありますね。

カイロプラクティックは、世界保健機関(WHO)より
健康の保持および増進に効果がある」とされています。

ぜひ受けてみてください。

関連記事
2013/12/20(金)
今週、中国は大連で働く弟から
「二人目の子どもが生まれた」と連絡がありました。

ちなみに男の子。

(弟よ、おめでとう!)

その連絡は、「QQ」というもので来ました。

その「QQ」とは何か?――「テンセントQQ」(たぶん正確)という名で、
簡単に書くと「LINE」や「Skype」みたいなものでしょうか。

これらは「インスタントメッセンジャー」というそうですね。

これもフリーソフト(無料)で、中国ではコチラが一般的だそうです。

日本語版があるので、以前、弟が帰国した際に教えてくれました。

パソコンにインストールしてあり、時々、これで連絡取りあっています。

ウエブカメラとマイクを使って、テレビ電話のように会話したり、
チャットをしたりします。

「生まれたよ~!」の連絡も、向こうのスマホから「文章」で来ました。

今は便利な時代だと思いますね。

ひと昔前は、電話代を気にしながら国際電話をかけたりしていたはず。

今はインターネット回線を使って、ほとんど何も気にせず会話ができます。

中国のみならず、その気になれば世界中のどことでも。

それも「電話」を必要とせず、パソコンやタブレットでも可能。

当院に来院される方もよくお話されますが、中国とはビジネスの
やり取りは多いようですね。

また、府中にも中国の方はいらっしゃいます。

もし、中国とやり取りする場合や、中国人の方と
知り合いになったら、「QQ」を使ってみるのもいいと思います。

関連記事
2013/12/17(火)
街を歩くと、アチコチでクリスマスのイルミネーションがあって、とてもキレイ。

府中市でも、ケヤキ並木にてイルミネーションがあります。
クリスマスイルミネーション2013看板

だいたい、フォーリスの前から府中駅や甲州街道まででしょうか。
歩く人の目を楽しませてくれます。
クリスマスイルミネーション2013

今年は府中駅前の再開発のため、府中の駅前は閉鎖店舗が多く、
取り壊しも少しずつ始まっていて、商店街も、ややひっそり。

(仮店舗で営業しているところもあります)

当院に来院される方も
「今年は府中で忘年会の会場取れなかった」と
おっしゃる方が何人かいました。

キレイなイルミネーションは、
街を明るく、また、楽しい気分にしてくれているのではないでしょうか。

それに、見ていると癒されていいと思います。
あわただしい師走……イルミネーションを見て、「ホッと」ひといき。
クリスマスイルミネーション2013トナカイ

昼間に見ると、こういう感じ。
クリスマスイルミネーション2013昼間


関連記事
2013/12/13(金)
先日、「手書き風フォント」(フリーソフト)
について書きました↓。
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

それを読んで、「使ってみたい」と言って頂きました。
ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

「他にお役立ち情報ないの?」と聞かれたので、
書いておきます。

(役に立つかは分かりませんがw)

今回、ブログタイトルどおり、インクの節約になります。

年賀状の文字を印刷する場合、初期設定(デフォルト)
のままで印刷していないでしょうか。

そのままだと、おそらく色は「黒」で、一番濃くなっていると
思います。

ソフトによってやり方は違いますが

「宛名の設定」→「文字色」をクリックすると
「カラーパレット」が出てきます。

ここを見るとわかります(あくまで一例)。

この色を薄くする(言い換えれば濃度をおとす)と、
インクの量が少なくて済みますね。

文字が真っ黒である必要はなく、「薄墨」にならない程度で
あれば、問題ないのではないでしょうか。

最近のソフトやプリンターには「エコ印刷機能」が
あると思いますので、活用するのもいいですね。

また、通信面の印刷コストは、家で印刷すると
思っている以上にかかるようです。

内容にもよりますが、一枚あたり十数円くらい。

それに、考えるのも楽しいですが、手間や時間もかかります。

場合によっては「絵入り年賀はがき」(55円)のほうが、
「安く」「簡単」ですね。

当たり前ですが、大量に印刷した方がコストは安くなりますので。

こうすると、多少は、おサイフにもやさしく、
また、「エコ」で環境にもやさしいと思います。
この他にも「お役立ち情報」はあると思いますので、
知っていたら教えていただきたいです。

関連記事
2013/12/11(水)
12月5日に東京都で

ノロウィルス等の感染性胃腸炎の流行警報基準を超えた

との発表。

それと、12月11日発行の「広報 ふちゅう」

「感染予防の基本は手洗い」として、「手洗いのポイント」が掲載。
広報 府中 2013年12月11日号

また、インフルエンザやノロウィルスの症状の
説明とともに、予防法も書いてあります。

以下、「広報 ふちゅう」からの抜粋

◆感染予防の基本は手洗い

手洗いのポイントは6点


 1、手のひらをよくこする
 2、手の甲を伸ばすようにこする
 3、指先・爪の間を念入りにこする
 4、指の間を洗う
 5、親指と手のひらをねじり洗いする
 6、手首も忘れずに洗う

と図入りの説明があり

指先、爪・指の間、親指の周り、手のしわや手首は
汚れが残りやすいので、十分に洗いましょう。


とも書いてありました。

◆インフルエンザに関して

症状は

 ●38℃以上の発熱
 ●頭痛
 ●関節痛
 ●筋肉痛

などの全身症状が現れます。

抵抗力の弱い方(高齢者・子どもなど)は重症化する
可能性が高いので十分な注意が必要。

予防するには

 ●適切な湿度(50~60%)を保つ
 ●十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
 ●不必要な外出を控える
 ●マスクの着用
 ●予防接種

かかってしまったら

 ●早めに医療機関に受診
 ●十分な水分と栄養

が推奨されています。

◆ノロウィルスに関して

 ●ウィルスに汚染された食品
 ●ウィルスが蓄積し加熱が不十分な食品
 ●感染した人の嘔吐物やふん便

などを介して感染し、
乾燥すると空中に漂い、感染することもある。

症状は

 ●嘔吐
 ●下痢
 ●腹痛

などを起こし、抵抗力の弱い方は重症化する恐れがある。

インフルエンザ・ノロウィルスともに
高齢者や子どもの居る家庭は特に注意ということですね


予防するには

 ●症状がある方は食品を取り扱わない
 ●食品の中心までの十分な加熱
 ●調理器具などの使用後は洗浄、消毒
 ●嘔吐物やふん便の処理には、マスク、手袋を着用
 ●感染者が使ったものなどは、他の物と分けて洗浄、消毒
 ●消毒は塩素のみ有効

かかってしまったら、ワクチンは無いので、
点滴などの対症療法になる。

抜粋おわり

ノロウィルスの対症療法についてはコチラを↓
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

感染すると生活や仕事に支障が出ます。
上記の注意点を参照に、感染予防に取り組みましょう。

「広報 ふちゅう」の今号(12月11日号)は、
しばらく当院に置きますので、ご覧ください。

関連記事
2013/12/09(月)
ターナー展の続き
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

以前、府中市美術館で「ターナーから印象派へ展」に行きました。
(2009年11月14日~2010年2月14日)

この時の解説は

19世紀前半のイギリスの風景画の巨匠ターナーは光の錬金術師といわれ、
その光の表現は、フランスのバルビゾン派や印象派絵画の先駆けとなりました。


話はそれます。

「ウィリアム ターナー」――どこかで聞いたことあるな?

と思ったら映画『パイレーツ オブ カリビアン』に出てくる名前。

オーランド・ブルーム演じる「ウィリアム(ウィル) ターナー」

劇中でも「イギリスからカリブ海に向かう途中に~」という設定でしたね。

イギリス人っぽい名前なんでしょうか?
この名前を採用した訳ではないですよね。

(他に何かあったかもしれませんが……)

閑話休題

ターナー展 看板

今回のターナー展、展示構成は1~10まで

 Ⅰ 初期
 Ⅱ 「崇高」の追求
 Ⅲ 戦時下の牧歌的風景
 Ⅳ イタリア
 Ⅴ 英国における新たな平和
 Ⅵ 色彩と雰囲気をめぐる実験
 Ⅶ ヨーロッパ大陸への旅行
 Ⅷ ヴェネチツイア
 Ⅸ 後期の海景画
 Ⅹ 晩年の作品

最初に《ターナーの自画像》があり、そこからは、ほぼ時代順でした。

「Ⅱ 『崇高』の追求」には、
崇高はターナーの風景に対する取り組みに影響を与えた概念
と説明があり、後の印象派などにも影響を与えた
大事なポイントのひとつかと思い、しっかり鑑賞しました。

「Ⅳ イタリア」のキャプションに「ライバルは過去の巨匠たち」
とあり、ターナーは過去の巨匠から多くを学びオマージュをささげたと
書いてありました。

個人的に良かったのは
 
 ・Ⅷ ベネツィア
 ・Ⅸ 後期の海景画

自分は、海や川など「水」が描いてある絵を好きなんだと思いました。

出品数は116点なのでボリュームがあります。

「水彩画」があったためか、会場内は暗めでした。

関連記事
2013/12/06(金)
東京都美術館(都美館)の「ターナー展」に行きました。

「回顧展」だったのでターナー作品のみ、作品数「116点」

会場出口付近に置いてある「朝日新聞の会場限定 記念号外」を
読むと理解が深まると思うので、おススメします。
ターナー展 記念号外

「ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775~1851)」

床屋の生まれで、近隣の人々もターナーの画才にいちはやく気が付き、
父親も、お店でターナーの描いた絵を売っていたそうです。

 ・14歳でロイヤルアカデミー(英王立美術院)の美術学校に入学
 ・26歳で英国美術の最高権威、ロイヤルアカデミー正会員に選ばれた

イギリス最高の画家で、ロンドンのテート美術館には
ターナー特別室があり、2万点の作品を収蔵。

また、ロマン主義を代表する画家だそうです。

それに当時、絵画にもジャンルにより階層があり「歴史画」が
最も良いとされていた時代に、初めて「風景画」を描いた画家の一人とのこと。

(展示品に《ターナーの絵の具箱》がありましたので、
これは貴重な物を観れたかもしれません)

1775年生まれなので、入学した14歳は1789年、
フランス革命の年ですね。

日本だと江戸時代中期、この頃の人物です。

2005年のBBCによる調査でも、
最も人気のある国民的画家となったと解説がありました。

という訳で、「007」や「シャーロック ホームズ」などにも
作品が登場し、英国アート会最大の登竜門は
その名もズバリ、「ターナー賞」だそうです。

日本とも関わりがあり、明治時代に英国留学した「夏目漱石」も
作品を観て強い印象を受け、小説『坊ちゃん』にも

「あの松を見給え、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」

「どうです教頭、これからあの島をターナー島と名づけようじゃありませんか」

と、ターナーの名前が出てきます。

その「ターナー島」の写真は、上記の記念号外に掲載されていました。

ちなみに、小説『草枕』にはミレイの《オフィーリア》が出てきます。

以前、千円札になった夏目漱石の小説に出てくる画家の作品を観れてよかったです。

その2につづく

関連記事
2013/12/04(水)
「そろそろ年賀状を作ろうか」と、お考えの方も多いと思います。

宛名面や、その裏面(デザイン面)を作る場合の「フォント」に
悩んだりしていないでしょうか。

パソコンに最初から入っている「MSゴシック」「MS明朝」
などは事務的で堅苦しく感じます。

それに、年賀状作成ソフトに入っている
「毛筆フォント」も、印刷だとすぐ分かりますしね。

また、フォントの数も多いのですが、よく選んだつもりが
人とかぶったりします。

自分が「いいな」と思ったフォントは、他の人も思うもの。

そこで、フリーソフトの「手書き風フォント」を使うのも
よいのではないでしょうか。

「手書き風フォント フリー(または無料)」などで
検索してください。

たくさんの手書き風フォントが出てきます。
毛筆やフェルトペンで書いた文字もありますね。

そもそも「フリーソフト」とは「無料で使えるソフト」(だと思います)。

本当に「無料(タダ)」で「1円もかからず」に手に入って使えます。

とても便利で、いくつかのフリーソフトを利用していますが、
それらを紹介するのは今度に。

こうしたフリーのフォントは、一文字一文字を手書きで作って、
無償公開してくれています。

(どれだけ大変か想像つきますね)

ですので印刷しても、パッと見、ていねいに手で書いたように
見えますので、堅苦しくなく「温かみ」が加わると思います。

もちろん、年賀状作り以外にも使えますね。

一応、書いておきますが、フリーフォントで全ての文字がある訳ではないです。
難しい(画数の多い)漢字などは無い場合も。

それから、フォントはダウンロードしただけでは使えません
パソコンにインストールする必要があります。

インストール方法はOSによって違うと思うので、
ご自身で調べてみてください。

そして、フリーフォントのみならず、
フリーソフトを使う上で重要なことがあります。

いくら無料とはいえ利用規約がありますので、
ご確認ください(商用利用についてなど)。

ルールを守り、制作者の方に感謝しつつ、
有意義に使わせてもらいましょう。

関連記事
2013/12/02(月)
12月になり、お仕事や忘年会などで帰りが
遅くなりがちではないでしょうか?

(♪師走は忙しい~)

府中まで帰れる京王線の終電は

「新宿0時25分発:特急・高幡不動駅行き」


(2013年の時刻表より)

もしも、これより遅くなった場合には
「深夜急行バス」があります。

府中まで来る深夜バスは

 ・新宿→府中駅行き(1時10分発)2,000円
 ・新宿→国立駅行き(1時25分発)2,500円

があり、乗り場は

 ・新宿駅西口21番バス乗り場(京王百貨店の前あたり)

両方とも、府中駅到着は、だいたい2時過ぎ。

(遅い時間は、中央線で国分寺からバスで府中駅という方法も)

ちなみに渋谷からも深夜バスは出ています。

 ・渋谷→府中駅(0時45分発)2,000円

乗り場は、井の頭線中央口下2番バス乗り場。
(JR渋谷駅への連絡通路の下あたり)

この他、「国立」「八王子」「南大沢・橋本」行のバスもあります。

万が一、「終電逃した~!」となってしまった場合の
帰宅手段のひとつとして、ご利用ください。

(終電はJR線との連絡待ちなどで遅れている場合もありますが、
それに期待するよりは余裕を持って考えたほうがよいでしょう)

【注意事項】

 ・予約制ではない
 ・満席だと乗車できない
 ・平日のみの運行
 ・道路事情により遅れる可能性あり

詳細は
http://www.keio-bus.com/nightbus/index.html

この時期は、お仕事が忙い中、イベント続きだったり、
寒さも相まって体調を崩しやすいです。

当院でも「ギックリ腰の方」が増えてくる時期でもあります。

体調管理には十分ご注意ください。

関連記事
2013/12/01(日)
今日から12月(ディセンバー)ですね。

NHKドラマ「あまちゃん」の挿入歌にちなみ、
「暦の上ではディセンバー」と、ツイッターやブログなどで
書こうと思っていた方も多いのでは。

今年も残すところ、あと1ヶ月。
もうすぐ2014(平成26)年です。

やり残したことのないようにしましょう。

今年の目標は

「時間をムダにしない」

とはいえ、果たして「時間をムダにしなかったか?」
「時間を有効に使えたか?」と言うと、甚だ疑問です。

(実は、ここ数年は毎年そうなのですが……)

残り最後の1ヶ月くらいは、せめて
「今月は時間を有効に使えたな」と思えるようにしたいです。

これから年末にかけて、忘年会やクリスマス会、年賀状作り
など忙しくなると思います。

ノロウィルスなどの感染性胃腸炎や、インフルエンザなど
体調をくずさないようにお気を付けください。



【関連事項】

以前、「あまちゃん」に出てくる「アメ横センタービル」について書きました。
興味があればどうぞ。
http://siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

関連記事

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド