FC2ブログ

健康

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2016/10/19(水)
9月22日(木)産経新聞より

スマートフォンの普及と長時間の使用に伴い、
ひどい肩凝りや目の疲労などを感じる人が
増えている。小さな画面をのぞき込むようにして
操作するため、猫背や肩が前に出た姿勢が
定着してしまう「スマホ巻き肩」は、
呼吸を浅くし、あらゆる体の不調の原因にもなるという。

呼吸浅く疲労や不調の原因に


●悪い姿勢が定着

スマホを使うときの姿勢では、
上半身の前側の筋肉が縮んだまま。
一方、背中の筋肉は伸びた状態が続く。
すると肩が前に出て、体の内側に向いた
状態が定着する「巻き肩」になる可能性がある。

●ストレッチで緩和

肩回しは両手を肩に置いた状態で、
肩を前後にそれぞれ10回回す。

ひじを耳の高さにまで上げることを
意識し、顔を上げて行うと良い。
背中式呼吸は、椅子に深く座り、
頭の後ろに両手を置いて大きく
3回深呼吸する。
頭の重みを利用して胸を開く
イメージで行うのがコツだという。

●「軽い酸欠状態」

総務省の平成27年通信利用動向調査によると、
同年末時点でのスマホの普及率(世帯)は72%で、
22年末の9.7%から急速に伸びた。

ピップが今年1月に20~50代の働く男女300人を
対象に行った調査では、スマホの利用で肩や首の凝り、
目の疲れなどの体調不良を感じている人が9割。
また4割が「使用中に息苦しいと感じたことがある」と
回答している。

浅い呼吸では酸素を十分に取り込めないため、
血流の悪化を招く。結果としてだるさや疲労感、
集中力の低下のほか、便秘になりやすくなったり、
代謝が落ちて太りやすくなったりすることもある。

以上、抜粋です。

前に「スマホ老眼」について書きました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
また、ストレートネックを「スマホネック」と
表すこともあります。

決してスマートフォン(スマホ)が悪い
わけではありません。
新しい症状なので、表現する言葉がないのですね。
これから変わると思います。

新聞には、「スマホ巻き肩」チェックシートも
でていたので、書いておきます。

 □体が丸まっているようにかんじる
 □医療機関で「異常なし」と言われたが、
  のどが詰まる感じや、首の前側または胸が凝る感じがする
 □呼吸が浅い、または息を吸いにくいと感じる
 □かかと、お尻、後頭部を壁につけて立つと違和感がある
 □鏡に横向きの姿を映すと、胸よりも肩甲骨がよく見える
 □首に横じわがある
 □最近、下着の肩ひもの長さを調整した。
  または数年前に比べ長くした。
 □バストの下垂が顕著
 □「万歳」のポーズをして両腕を上げても、腕が耳につかない
 □リラックスした状態で両腕を下げて立つと、ひじが曲がっている

※1つでも当てはまるものがあれば「スマホ巻き肩」の可能性あり


スマホは便利ですが、使いすぎには注意しましょう。

当院でも医療機関で「スマホの使いすぎだね」と
言われてから来られた方は多いです。
カイロプラクティックを受け、
「頭がスッキリした」などの感想をいただきます。

心当たりがある方は
カイロプラクティックを受けてみてください。

スポンサーサイト



2016/10/03(月)
9月16日(金)読売新聞朝刊より。

秋の気配が強まり、浴槽に湯を張って
ゆったり体を温めたい季節に
なってきた。
ただし、入浴中の高齢者の事故は
後を絶たない。
長年慣れ親しんできた
入浴習慣に危うさがないか、
再確認したい。

■入浴習慣見直しのポイント

・入浴前に、暖房器具で脱衣場を
20度以上に暖める

・湯張りの際に風呂の蓋を外したり
シャワーを使ったりして、浴室内を暖める

・風呂の湯温は39~41度に設定、
42度以上の熱い湯はやめる

・入浴時間は夕食後よりも、食前の夕方に

高齢者の入浴中の事故は、秋から冬にかけて増える。

入浴事故を全国的に調べた
東京都健康長寿医療センターの
前副所長で研究員の高橋龍太郎さんは
「年間で推計1万7000人もの人が
入浴に関連して亡くなり、
その大半が高齢者です」と話す。

「ヒートショック」と呼ばれる、温度差
による症状が原因の一つ。
寒い脱衣場で服を脱ぎ体が冷え、
すぐに熱い湯につかると、血圧が急変する。
意識を失うなどして、死に至る危険性もあるという。

対策として、高橋さんは

1)浴室と脱衣場の室温を20度以上に保つ。
2)風呂の湯温は39~41度にする

ことを勧める。
体に大きな負担がかからない湯温は
41度以下で、42度以上では熱すぎるという。

「高齢者入浴アドバイザー協会」
(東京都)も、湯温41度以下を推奨する。

代表理事の鈴木知明さんは「熱い風呂が好きな
日本人が、気持ち良いと感じる湯温が42度以上」と言う。

実際、同協会が各地で開く高齢者のための
入浴講座で参加者に尋ねると、
「42度以上で入浴している」人は約3割を占める。
「身を守るため、熱い風呂に入る習慣を見直して」と呼びかける。

入浴時間にも気をつけたい。
食事直後は食べたものを消化するため、
血液の流れが内蔵に集まり、
血圧が下がっている。

そのタイミングで入浴して血圧の急変が
起こるとダメージが大きいという。
東京都健康長寿医療センターの
高橋さんは「日が暮れる前の夕方なら、
外気温もまださほど下がって
おらず、温度差も小さい。
入浴は夕食前がお勧めです」と話している。

*******

具体例として62歳女性が、風呂場で
転倒して骨折したことが出ていました。

記事にあるヒートショックは前に書きました。
siyakusyonisiseitai.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

この時期になると、毎年いずれかの新聞に
でているような気がします。
同様に4月半ばくらいから、「熱中症に注意」
という記事が出ますね。

それだけ事故が多いということでしょう。

これからどんどん寒くなっていきます。
入浴時間楽しむためにも、
入浴習慣を見直してはいかがでしょうか。

2016/09/02(金)
7月15日(金)の新聞各紙より。

2016(平成29)年に、新しくがんと
診断される人が初めて100万人を突破する
予測される。


こうした感じで書かれていました。

やはり同じ内容でも新聞によって、
言葉が違っていたり図が載っていたり
異なるものだなと思って読みました。

以下、新聞より

国立がん研究センターの発表。

がんと診断される人は101万200人で、
昨年より約2万8000人増える予測。

 ●男性:57万6100人
 ●女性:43万4100人

部位別では大腸、胃、肺、前立腺、乳房の順。

 ●男性:前立腺、胃、肺、大腸、肝臓
 ●女性:乳房、大腸、肺、胃、子宮

実際の統計がまとまるまで
数年かかるため、2014年から新規の患者数と
死亡者数の予測を公表している。

*****

調べてみると2014年は8月に発表。
2015年から春にその年の
予測を公表しているようです。

2014年のがん患者の予測は88万2200人。

*****

がんで死亡する人数は37万4000人で、
前年より3000人増加の予測。

 ●男性:22万300人
 ●女性:15万3700人

部位別では肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順。

 ●男性:肺、胃、大腸、肝臓、膵臓
 ●女性:大腸、肺、胃、膵臓、乳房

胃がんや肝臓がんは減少、
大腸がんや前立腺がんなどは増加。

2年後に実際の数値を公開予定。
予測値を実測値と付き合わせれば、
がん対策が評価できる。

以上。

ちょうど1年くらい前に父が亡くなりました。

がんが各部に転移していたため、
何もせず在宅ケアすると話していたときに、
入院していた病院で肺炎を起こして、
という経緯です。

この場合、死因はどうなるのでしょう?

周りからは健康そのものだといわれます
(視力1.5以上、虫歯ナシ)。

メガネ代や歯の治療にお金を
使ったことはないのですが、
肉親ががんで亡くなっていると、
内臓のことはさすがに不安です。

それに何より「健康」を売る仕事なので。

もう40代も半ば、
「医者の不養生」にならないように、
気をつけたいと思いました。

2016/07/11(月)
7月8日(金)日経新聞朝刊より

東京都は中小企業に
保健師や栄養士を訪問させて、
従業員の生活習慣を見直してもらう
制度を8月から開始する。
大企業に比べて取り組みが遅れがちな
社員の健康管理を手助けするのが狙い。
業種に合わせた食事や運動など
健康づくりのメニューを提案する。
2年かけて20社程度を訪問、
取り組みの成果や課題をモデルとして
都内の中小に示し、健康づくりにつなげる。

都が新たに制度をつくった
「職域健康づくり推進事業」で、
都内に本社か事業所のある
従業員300人以下の中小企業が対象。


*******

「大企業に比べて取り組みが遅れがちな」
とあります。
ずいぶん前に親戚二人が
病気やケガをしたときのこと。
会社の対応や福利厚生は、
大企業と中小企業では
ずいぶん違っていました。

中小企業は大企業に比べ、
病気で休む人が出ると、
業務に大きく支障が出るのでは
ないでしょうか。

「ワーク ライフ バランス(仕事と生活の調和)」や
「QOL(クオリティ オブ ライフ)」は、
一般的な言葉になっていると思います。

(「言うほど簡単じゃない」と
思われるかもしれませんが……)

都が中小企業の健康管理の手助けを
すると、ひいては都に
還ってくるような気がします。

全体の健康度があがるといいと思いました。

2016/07/06(水)
6月30日(木)の新聞各紙に書かれていました。

●29日に、国立がん研究センターが
全国47都道府県のがん患者数のデータを公表。

●データは2012年のもので、がんと診断された人は
推計で86万5,238人。
2011年よりも1万4,000人増えた。

●今回の調査で初めて全国のデータが揃い、
発症に地域差があることがわかった。

おおまかに、このようなことが書かれていました。
新聞によって書き方に違いがあり興味深かったです。

記事によると

◇がんの発症率が高いのは

 男性:北海道、東北、山陰、北九州など
 女性:都市圏

肝がんは西日本が高く、
乳がんは東京都が突出して高い。

◇部位別にみると上位から

 男性:胃、大腸、肺、前立腺、肝臓
 女性:乳房、大腸、胃、肺、子宮

男性は、前立腺がんの増加は頭打ちに
なったものの、大腸がんは増えている。
女性は、2011年と変わらない。

地域差の要因は、生活習慣のほか、
がんの原因となるウィルス感染者の
分布などが考えられる。

詳細は、国立がん研究センターの
公式サイトにある。

*******

ニュースを読んで、このようながんの
全国データが初めて揃ったというのは、
驚きました。

お住まいの地域の傾向を考え、
予防に役立てるといいと思います。

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド