FC2ブログ

未分類

東京都府中市の整体(カイロプラクティック)院・府中市役所西整体院の日常を書いています。
2015/04/03(金)
「府中市防災ハンドブック」が配布されました。

3月31日までに全戸配布するとのこと
(「広報 ふちゅう 3月11日号」より)で、当院
(宮西町4丁目)では、3月30日にきていました。

万が一、配布されていない場合は、防災危機管理課
に連絡するとよいと思います。

前書きによると、やはりというべきか、東日本大震災の
影響から市の防災計画を見直したとのこと。
また、「市」以前に東京都の計画見直しも受けているようです。

計画見直しが昨年1月で、その内容等を踏まえ、今回、
全面的に改訂したと書いてありました(簡単に書いてます)。

なお、府中市の防災対策の基本理念は――
「自助・共助・公助」

 ●自助→市民
 ●共助→自主防災組織、自治会、事業所等
 ●公助→市、防災関係機関

でしょうか。それぞれが連携して、防災力の向上を
推進していくそうです。

この冊子には

 ●市民の方々に理解しておいていただきたいこと
 ●実際に行動に移してもらいたいこと

が書いてあり、それぞれ「大地震編」「風水害編」「知識編」。

「いざ!」というとき、あわてないようによく読んで損はないと
思います。

大地震編によると、府中市で想定される被害は

 ●多摩直下地震→M7.3
 ●立川断層帯地震→M7.4

最大震度はともに震度6強。
(参考:阪神淡路大震災 M7.3 )
これが想定される最大級なのでしょうか。

市内の交通規制や避難場所の確認、
また、家庭内備蓄の「非常持出品」「家庭内備蓄」は
チェックしたほうがよいと思います。

ちなみに、府中市内のホームセンターは「島忠」「コーナン」が
あり、京王アートマンもあります。

「被災者の声」として、実際に被災された
方々の体験談が掲載されていて参考になりました。

風水害編によると、府中市でも浸水被害や
ガケ崩れの危険があるようです。

ひと言で「浸水被害」と書きましたが
「多摩川の洪水」と「内水はん濫」があり、
内水はん濫とは排水不良による浸水のこと。

ガケ崩れの危険があるのは8箇所、
おそらく、市内中心部を東西に横切る
府中崖線(立川崖線)の所では。
ちなみに、この崖を府中では「はけ」といいます。
(郷土かるた:平地と台地はけの道)

昨年も広島県で土砂災害がありました。
ゲリラ豪雨のような局地的な大雨の可能性も
あるので、内水はん濫とともに注意が必要ですね。

知識編には、「防災マップ」「多摩川洪水ハザードマップ」
「内水はん濫マップ」の3つがあるので、お住まいの
地域の危険度を見れます。
やはり、水害の危険は府中崖線(はけ)下のみ。
南町5、6丁目から是政6丁目にかけては、
5m以上浸水する可能性があるようです。

また、府中市の災害対策や自主防災活動のノウハウ
などが書かれていますので、参照になりそうです。
炊き出しには、コチラも参照にしてください(→炊飯袋)。

災害の発生は防げません。
しかし、災害に備えることは可能です。

天災は忘れた頃にやってくる」by寺田寅彦

この冊子を読んで、しっかり備え、
被害を軽減できるといいですね。

スポンサーサイト



2013/03/14(木)
震災の日、京王線は復旧しました。
しかし、家まで歩いて帰って来たという方も多いのではないでしょうか?

当院にも
新宿から甲州街道を6時間かけて歩いて
帰って来た

という方がいらしゃいます。

この本は、こうした場合のサポートになると思います。

震災時帰宅支援マップ 首都圏版2012震災時帰宅支援マップ 首都圏版2012
(2012/08/29)
不明

商品詳細を見る

本によると、
東京都が都内幹線道路16路線を
「帰宅支援対象道路」に選定(甲州街道も入っています)。

道路から2km以内の都立学校を「帰宅支援ステーション」にして、
「水」「トイレ」「情報」などを提供する。

また、ガソリンスタンドやコンビニなども
ボランティアで帰宅支援に参加しているようです。

ちなみに新宿から府中までは約22km

この本を見れば、
広域避難場所や都立学校、コンビニなどが
掲載されていますので一目瞭然。

「もしも」の場合には役立つと思います。

当院にも置いてありますので、ぜひご覧ください。
万が一に備えて、お役に立てるとうれしいです。

2013/03/12(火)
当院にも被災され、東京に出て来た方が来院されました。

その方(女性)のお話では
お風呂は3週間入れなかった」とのこと。

そこで、防災グッズの中に
「水のいらないシャンプー」(ドライシャンプー)を入れてみてはいかがでしょうか?

私はこちらを買ってあります。


ホームセンターで500円くらいでした。

 ●使用期限(消費期限)は直射日光の当たらない場所で保存して3年
 ●「水のいらないシャンプー」なので入浴時は使えない(泡はたたない)

お客様窓口:0120-81-4710

買った日付を書いておいて、古くなったら
買い替える前に実際に使ってみるのもいいですね。

ケガや病気でお風呂に入れないときにも使えます。

これ以外にも、様々な種類のドライシャンプーが
発売されていますので探してみてください。

防災グッズとしては、ドライシャンプー以外に
「キッチン用ラップ」や「アルミホイル」
などもあると便利だと聞きました。

これらは食器の上に敷けば食器を洗わずに済んだり、
包帯代わり使えたりするそうです。

この他「避難生活であると便利だ」というグッズや
「お役立ち情報」はたくさんあると思います。

当院に来院された際に、教えていただけないでしょうか。
他の方の助けにもなると思いますのでぜひお願いします。

2013/03/11(月)
今日は東日本大震災の時を、
思い出した方も多かったのではないでしょうか?

府中市内を通っている京王線でも
地震の発生時刻に合わせて緊急停止訓練があったようです。

また、府中市からは「災害情報伝達訓練」として、
緊急速報メールがきていました(13時25分着信)。

天災は忘れた頃にやってくる

日頃からの心構えは大事ですね。

当院内に設置してある常夜灯。
常夜灯

コンセントにさしてあり停電時には点灯します。
それに上部が懐中電灯にもなっているので、緊急時には照らせます。

当院では、もし、暗い時間帯の施術時に地震が起きて停電しても
対処できるように備えてあります。

以前、防災用品を揃えたご家庭も多いと思います。

しかし

「ケータイはスマホに変えたけど、
充電器は古いまま入れっぱなし」

など、ありませんか?

これを機に少し見直してはいかがでしょう?

 | Copyright © 府中市役所西整体院のブログ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド